フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 車社会を問う | トップページ | 昨日の自転車通勤 »

2006年7月14日 (金)

トヨタのリコール隠し

 トヨタ自動車のリコール隠しが発覚した。いままでトヨタ自動車の故障いにくいという信頼性がステータスになっていた面はある。でもその真相の仲で99年以降に車は、それまでの欠陥を認知した上で、その部分を改良し、それ以前の欠陥を公表しなかったとしたら、「トヨタお前もか」としか言えない。

僕がその部分を想像するに、99年といえば今からも7年がたっているが、ユーザーはほとんど車を買い換えていて、急タイプは廃車になっているだろうというおごった考えかたがあったのではないかということだ。僕の自動車はニッサンだが、20年が経過していて、とくに問題はないのでよっぽど信頼できるといかいいようがない。僕から言わせれば、車はだぢじにのってつねに整備をおこたらなければ20年は充分乗れる。日本のモータリゼ^ション全体にユーザーも新車への乗り換えに走りすぎだ。もっと一度買った車を愛してほしい。ユーザーはばかにされている。しかも欠陥が原因で死亡事故にいたった事故がどれだけ今まであったのか、はかりしれない。

へんなたとえだが、トヨタは世界に目をむけ,,GMを抜いて世界一をめざしているようだが、大きな落とし穴があるのではないか。僕の行き着けの自動車整備屋の言わせると、ここ数年のトヨタの自動車の質は後退しているという。それだけ生産システムを拡大すると、技術人材の育成は追いつかないはずだ。それでも売り続けることを最優先のかんがえているとしたら先行きにきっと問題が拡大するだろう。

 戦国時代に例えると、豊臣秀吉と徳川家康の比較だ。秀吉は朝鮮まで領土を拡張とするあまり戦争は続き、家臣は苦労した。しかし家康は戦国時代に決別し、250年以上鎖国というあら事業はあるが、とにかくほとんど平和な社会を築いた。今の大阪の基礎はこの時代に繁栄している。秀吉は大阪の象徴のようにいう人もいるが、所詮名古屋の人間だ。トヨタも名古屋。同じ鉄をふんでほしくない。

しかし僕は自動車産業が産業全体をひっぱるような今の経済界はどうかと思う。ヨーロパの自動車会社は、、ほとんど元は自転車を製造していたと聞く。ここに日本文化との違いあるかもしれない。とにかく人間を優先させる取り組みができないのか。そこが言いたい。

« 車社会を問う | トップページ | 昨日の自転車通勤 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/2656262

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのリコール隠し:

» トヨタ自動車【自動車購入@マニアル】 [自動車購入@マニアル]
トヨタ自動車【自動車購入@マニアル】トヨタ自動車といえば?世界のトヨタ→世界のトヨタいえば?トヨタカローラカローラは、世界で愛されています!たぶんトヨタが、輸出している自動車の中で輸出してない国は、無いでしょう!日本でも、カローラは、販売台数1位!世界の中でも名車だと思います。トヨタ自動車◎自動車購入@マニアル... [続きを読む]

« 車社会を問う | トップページ | 昨日の自転車通勤 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30