フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 休日の用事を兼ねたサイクリング | トップページ | 少年少女を育てる大阪センターキャンプファイアー »

2006年8月 4日 (金)

休日の用事を兼ねたサイクリング

 今日はひざびさにウイークディに休みを取った。というのは、今日夜から、昨日書いた少年団キャンプに仲間の車に便乗して出かけるので、(仲間といってもみんな家族のいる中年のおばさん1人ーやや若いーとおじさん2人)。その準備に時間がほしかったことと、来週出発する家族北海道旅行に残金を払いに神戸三宮JTB案内所にいかないといけないためだ。

 そこでJTBには午前中に行く事にしたが、計画どおり自転車で行くことにした。朝9時10分ごろ家を出て、まず駅前の銀行へ金を下ろしに行き、それから出発した。国道2号線をいけば神戸へ出る。朝とはいえ日差しは強い。今日はいつものディパックをしょわずに最近買ったウエストバックに財布と帰りにスーパー銭湯にいこうと、着替えをいれ、パンク時の道具はサドルの固定できる小型バックに入れた。ボトルはもちろん2本。

 国道2号では、信号待ちで必ず日陰に入ったため、暑さはあまり感じない。途中ロードバイクに荷物をつけた一見学生で遠距離を走っているとわかる青年2人に会う。すこし会話し、先に進むが、なんとか着いてくる様子。聞くと広島まで、昼休憩しながら夜はしり、翌日早朝に着く予定とのこと。自分のことも毎日尼崎から難波まで自転車通勤しているというと驚いていた。サングラスとヘルメット姿なので彼らに僕が何歳に見えたが分からないが、自分たちの親ぐらいには思っているか。そのうちはなれてしまったが、無事目的地に着くことを祈りたい。

 そのうち三宮の道路表示が現れてくる。しかし神戸は灘区に入るあたりから、道が分かれるところが多いので、難しい。目的のJTB案内所へは10時50分に着いた。以外と時間がかかった。ただし以前東灘のだらだら上り坂で苦戦したことがあるが、それは通勤自転車を始めるずっと前で、自転車以前乗っていたのより性能はいい分当然だが、難なく上れた。やはり体力と技術は向上しているのか。平均時速も30kmはあると思うが、ほとんど力を使っていない。

 手続きを無事すませ、さっそく逆コース。今度は西宮の「熊野郷」温泉をめざすため、ダンプが多く、車線も3列以上ある国道43号線を走った。産業用道路といわれるくらいでさすがに左側はほとんど透明の壁で遮断されているため、駐車している車はない。おかげで、追い風では、ギアを2つ重くして40kmで楽に走れる。神戸をすぎ芦屋に入るとあっという間だった。ただ熊野郷はずっと43号線よりまだ南にあるため、武庫川女子大学の交差点で右へ曲がる。ここでおどろいたのは、人と普通の自転車では東西南北すべて道路を横断できないようになっていること。これは以前から事故が多いところなのか、人や自転車はいまや時代の遺物となりつつある陸橋を上るしか道がない。しかし人間をバカにしたやり方ではないか。いくら車が多く事故がおこりやすいとしてもスクランブル信号にすればいい話だ。まして大学に通う学生は不便なんではないだろうか。いまや陸橋など渡らなくなりつつあるのに、驚いた。

 温泉について12時をすぎていたが、湯につかり塩サウナに入り、いい気分。何回来ても天国に思える。700円なら安いものだ(ただ毎日来るには高い)。

 家までの帰りは武庫川の自転車道路が安全なのでそのルートで行き、30分ほどで着くのだが、この時間、つまり1時30分ごろが一番暑さが堪えた。

 とりあえず今日50km走ったとして今週累計146kmになった。明日、あさってはキャンプ場なので走れない。ブログも明日のみ休み。あさっては今日ふと思い出した2002年度ベルリン国際映画祭銀熊賞のフランス映画「レセ・バセ」を紹介したい。これは自転車のことが出てくる映画だ。

 きょうの「純情きらり」で拾った名言「人間は悲しいときでもいつまでも絶望的になっていられないもの」。これは、姉桃子が看護している傷病兵に言った言葉。もうひとつは隣組のとり仕切りのオヤジ(なぜかさきほどの傷病兵の父親)が桜子の使っていたピアノを軍事供出のため、持っていってしまって、このご時勢にピアノを引いている場合ではないと捨て台詞をはいたが、桜子が編曲した日本歌曲がラジオから流れ、入院中の負傷兵の息子がそれを聞いて生きる気持ちになったことを見て桜子にこう言った。「私は間違っていた。音楽は人の心を変えるんだね」

« 休日の用事を兼ねたサイクリング | トップページ | 少年少女を育てる大阪センターキャンプファイアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/2929855

この記事へのトラックバック一覧です: 休日の用事を兼ねたサイクリング:

« 休日の用事を兼ねたサイクリング | トップページ | 少年少女を育てる大阪センターキャンプファイアー »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30