フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« お盆明け通勤自転車 | トップページ | 雨の中の通勤サイクリング »

2006年8月18日 (金)

雨あがりの通勤サイクリング

 昨日は夜会議があり、堺筋本町に行くので自転車を職場に置いたまま電車で出かけた。それで今日の朝も電車で通勤。帰りは管理職の役割りとして残業せざすをえなかったが、自転車で帰った。夜7時半になっていた。

 ところが、着替えて外に出ると空はすでに真っ暗。サングラスはすでに紫外線よけで黒に近いレンズをつけているので、装着は危険。めがねなしで帰った。ただ、素顔状態で帰ると、なぜか感じがちがう。一般自動車で、ロードバイクに乗っている感覚だ。へんな言いかただが、逆にサングラスをつけていると少し変身しているような気持ちになっていたのかもしれない。

 きょうは帰り際雨がぱらついていて、すこし涼しさがあった。でもやっぱり自転車通勤はあきない。ペダルは力をいれない状態。ただ、橋の手前の登りだけ少し力を入れている。環境になにも迷惑をかけていないという自負が出てくる。しかも燃料は自分が飲む水だけ。この愛車、ビアンキがいとおしい。

 ところで僕達夫婦には、4人の子どもがいて、長男と末っ子の唯一の娘はオーストラリアのタスマニア島で勉学に励んでいる。長男はちいさいとき絵本を読み聞かせしすぎたせいか、口が達者だ。しかし友達も彼のはじめたブログで指摘するんだが、少し浪費家。先日もこちらに請求がくるカードで金を使いすぎることが分かり、電話で怒ったばかりだが、2.3日前、カンボジアに最近旅行に行った折の土産をメッセージなしで送ってきた。すると親は、怒りを薄めてしまう。親ばかだ。

 娘は、英語の習得に頑張っているが、学校の実習で、オージー相手のマネージメントの実習があったとかで、うまく英語が話せていないと指摘されて、住む場所を、オージー(純粋にオーストラリア人)の家族のいるホームスティに契約しようと今日面談に行っているはずだ。今家にいる双子の次男、三男も自分なりの志があり、それぞれ最近までイギリスに行っていた。今家にいるが、2人ともまた外国でのアパレルと靴職人修行をめざしている。

 かれら4人と、10年以上前、毎年冬、夏と旅行をするのが習慣だったが、その一つで、5月連休に琵琶湖一周を全員自転車で、2泊3日の旅をした。完走して琵琶湖大橋手前の今は閉鎖された琵琶湖タワーにたどりついたときは感激だった。とくに末っ子の娘は小学2年生だったと思うが後半さすがに疲れていたのでなおさらだ。その旅で2日キャンプした思い出は忘れられない。とくに2日目80kmぐらい走ってマキノ知内浜に夜7時ごろ到着したが、キャンプする場所がなく、トイレの裏の空き地にテント2つ張って寝た。朝、目が覚めるとカゼがびゅーびゅーテントを揺らしていたが、その怠惰な感覚が忘れられない。

 双子の2人はその2年ほど前、同じく琵琶湖につれていき、3人で一周を試みた。ふたりは小学4年生だったが、途中休憩した瀬戸物屋らしきところのおじさんに「こんなさむいときにかわいそうなことをするな」と言われた。たしかに11月23日に決行したので、今かんがえると無茶なことかもしれない。近江舞子という場所から琵琶湖タワーの観覧車をひたすら目指して走った。途中3男がさすがに暗い歩道で少し眠気があり、真正面の壁にぶつかり、倒れて泣きべそをかいたが、この2人は当時寡黙でがまん強い。父親に甘えきれてなかったのかと反省するが、琵琶湖南の湯浅キャンプ場に着いたとき、夜8時をすぎていて、管理人はがんと「今から入れられない」と行っていて押し問答になったが、2人の息子が入り口で顔を出すとかわいそうに思ってくれて、「そんな子どもがおったんか。そんなら適当に場所探してテント張って」と入れてもらえた。さっそくレトルトカレーを作り、2人用テントで体を寄せ合って寝た。ランタンが故障していたのも思い出す。その時は結局無理せず、彦根城で観光し、町に自転車をおいて、スタート地点の木之本まで電車に乗って、車を受け取り、彦根までもどって、自転車をクルマに積んだ。それでよかったと思う。しかし100km以上は走ったはずだ。

 今その子ども達にそのころのことを聞くと、楽しかったという。この前の北海道旅行はその次男、三男がいっしょに旅をした。年齢は23才になった。

 そんな体験が今外国に羽ばたこうとする思いに繋がっているのかなとも思う。ただ僕もその後何回も琵琶湖を一周したり、車でまわったりしてきたが、いつもそのころの場面が、やきついていて、同じところを通るたびにジーンとなる。これは今後もずっとそうかもしれない。

« お盆明け通勤自転車 | トップページ | 雨の中の通勤サイクリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/3112959

この記事へのトラックバック一覧です: 雨あがりの通勤サイクリング:

» 二人きり・・・・ [増田加奈子]
しようよ。何をするんですか??何をって、男と女がすることに決まってるじゃん。 銃撃戦ですか?? ちがぁぁぁーう!!!!(笑)ホントおじさんはうといね。おじさんはそういう経験全然ないの?? [続きを読む]

« お盆明け通勤自転車 | トップページ | 雨の中の通勤サイクリング »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30