フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« やっと週末、スーパー銭湯に行く | トップページ | 正真正銘の休み »

2006年9月10日 (日)

2ヶ月ぶりの歌声喫茶

 今日は予定通り電車で出勤。ところで9月に入り、一段と涼しくなったのだが、今日はまた異常に暑い。やはり自然界はそう人間が願望するようにすんなりとは、涼しくなってくれないものだ。

 昼の会議は何とか午後4時30分に終了した。今日の朝はとにかく、伴奏の練習と、英語の勉強でいそがしく、動きまわっていたが、起きた時間が7時半になったこともあって、伴奏の練習だけで終わってしまった。「純情きらり」は達彦が戦争の残酷な体験、負傷した部下を見捨てなければならなかったことが心に深く影を落とし、立ち直るには体験な壁になっている様子を描いた。その中でその死んだ部下のお姉さんの居場所を見つけ、桜子と一緒にあやまりに行くが、お姉さんは「ゆるしません。この戦争を進めめた人と、それを泊められなかった自分たちも含めてゆるすことはできません」ときっぱり言っていた。

 これほどの戦争批判の描きかたはない。日本にはいまだに戦争を推し進めた人たちの反省、それを助長してきたマスコミ界の反省がないのだ。おもけに戦犯であった人たちの息子たち、つまり安部などがそれを引き継ごうとしている。人間は絶対に重要な問題jをうやむやにしてはいけないと思う。

 今こそ戦争のない世界をたくさんの人の力で実現するべきだ。イマジンを歌っていきたい。

 ところでうれしい、気分のいいことが帰り際におこった。それは、神戸新聞の日曜の本の紹介で、光文社新書の「ガウディの伝言」を職場近くの大型本屋「丸善」で探してもらおうと思い、そこへ足が向きかけたが、時間がかかると家に帰ってから、歌声喫茶に行って準備する時間がないので、地下鉄なんば近くのもう一つの本屋に、もしもあったらと思い、立ち寄ってみると、なんと新書コーナーの下に目立Dsc00096 つようにおいてあった。

 やった!と思わずにDsc00102 っこりしてしまった。Dsc00101

 さて歌声きっさは、客は5.6人くらいかと弱気になっていたが、医療生協病院関係の男たちが6人ほど参加してきたので、会場は大盛況、というよりも大居酒屋モード。男たちは酒を飲んできたらしく陽気だが、うるさくてしかたがない。しかし少ない歌声よりはましかも。かなりもり上がった。

 そこへ今度は後から聞いて分かったが、イギリス人で28歳の男性が、6週間まえから日本に英語の教師として赴任してきたらしいのだが、歌声喫茶とは知らず、会場へ入ってきた。そこでイマジンをぼくと一緒に歌った。英語でイギリス人とサウンドしたのは生まれて初めてだ。終わって、思わず握手した。彼も喜んでいるらしい。しかしその前にみんなで歌った曲は、30年前の「高校三年生」。彼はどう感じただろう。

 国際交流もできた歌声喫茶になった。

« やっと週末、スーパー銭湯に行く | トップページ | 正真正銘の休み »

コメント

Sesso gratis ッ !
Sesso gratis [link=http://www.dreampathmedia.com/uploads/sesso-gratis.html ]Sesso gratis[/link] [url=http://www.dreampathmedia.com/uploads/sesso-gratis.html]Sesso gratis[/url]

custom essays ッ !
custom essays [link=http://essayworks.info ]custom essays[/link] [url=http://essayworks.info]custom essays[/url]

sesso gratis ッ !
sesso gratis [link=http://www.cdprc.fcu.edu.tw/test/sesso-gratis.html ]sesso gratis[/link] [url=http://www.cdprc.fcu.edu.tw/test/sesso-gratis.html]sesso gratis[/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/3382361

この記事へのトラックバック一覧です: 2ヶ月ぶりの歌声喫茶:

« やっと週末、スーパー銭湯に行く | トップページ | 正真正銘の休み »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30