フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« コメントが届いた | トップページ | これからホビー自転車を始めようと思っている人へ »

2006年9月15日 (金)

休みを取って琵琶湖へ

 昨日のブログでたぶん今日は堺まで自転車で走ると書いたが、トイレで考えていて、急遽折りたたみ自転車を電車に積んで、琵琶湖今津のログハウスに行ってみることにした。輪行袋に自転車をいれて見たが何とか入ることがわかり、デイパックに必要なものを積んで9時40分頃家を出発。JR立花駅で近江今津までの切符(1890円)を買って、各駅停車に乗り込む。自転車をかかえているので、一番後ろの車掌さんが入っているところの反対の壁のそばに自転車をくくりつけた。

 結局この状態が安心なので、この各駅普通電車で京都まで行った。そこから湖西線に乗り換え、今津まで行った。途中琵琶湖に近づいた線路では、晴天の琵琶湖が気持ちいい。Dsc00126 Dsc00129

 近江今津の6つぐらい手前の駅で、黄色い蝶々が、偶然電車のドアから入ってきた。「あれ、出られるのかな?」と思って心配になった。そんなことも知らず蝶々は悠々と車内をひらひらさまよって飛んでいる。しばらく斜め迎いの女性のそばばかり飛び回っていた。まどでもあけてやろうかと思ってずっとその動きを見ていたが、次の駅で電車が停車し、ドアが開くと、待ち時間が少しあったのが幸いし、悠々と電車を出ていった。彼はただで一駅乗車したことになる。また自分の棲家へ帰れるのだろうか。

 Dsc00130

これが輪行袋とデイパック。折りたたみ自転車はまえに紹介した中国製で13kg以上あるだろう。移動のときはさすがに重い。

 袋から出し、折りたたみ状態をなおし、ログに向かった。途中ホームセンターで草刈機用のガソリン混合液を買い、雑貨屋で昼食を買い、ログに到着した。Dsc00131

久しぶりだ。ドアを開けると、かなり最近使っていないようで、木の匂いトイレの匂いが鼻につく。窓という窓を全部開けて換気した。ログのまわりは、稲の穂がたわわになっている。稲刈りはもうすぐだろう。

 実は明日の夜中から今度はクルマで妻とやってくる予定だが、台風到来の予報があるので心配だ。

 ところで、「純情きらり」は今日必見だった。ぼくがとっている新聞にその脚本家の浅野妙子さんがいわさきちひろ美術館東京副館長の松本由利子さんとの対談が3日連載であり、書いていたが、主人公の桜子には、現実の恋人達彦と、理想の恋人東吾の二人いて、その2人をからまして描いているということだが、今日は達彦が戦争の心の傷がやっと癒えてきて、桜子に改めてプロポーズするような場面で、長女笛子が血相を変えての乗り込んでくる場面を作り、「桜子は東吾のために『Tに捧ぐ』の曲を書いたんでしょう」と詰め寄る。

 その時桜子は、はっきりと達彦が召集されと別れわかれのまま、死んでいる疑いが濃い遺書のようなものを目にして、心がずたずたになっているときに支えになってくれたのは東吾だったと正直に語った。しかし、その後桜子も東吾もわきまえていて、東吾のほうから自分の田舎に引っ越すことにする。

 桜子の思いは一時ゆれたが、いやらしくないさわやかな告白だった。実際戦争体験者にはそれに似たことがいっぱいあったんじゃないだろうか。このドラマは9月で完結だが、ことあとの桜子と達彦の関係が楽しみだ。

« コメントが届いた | トップページ | これからホビー自転車を始めようと思っている人へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/3456302

この記事へのトラックバック一覧です: 休みを取って琵琶湖へ:

» 純情きらり [http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf]
純情きらり情報満載です! [続きを読む]

« コメントが届いた | トップページ | これからホビー自転車を始めようと思っている人へ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30