フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 朝の通勤途上の大事件発生! | トップページ | やっと水曜日って感じ! »

2006年10月31日 (火)

六甲で行方不明の男性発見される!

 Dsc00006_3

今日は道路温度は16度。国道2号線に入るまでは、昨日よりもヒンヤリする。昨日の事故現場を見過ごし、注意しながら走る。昨日よりも自動車の数は少ない。信号待ちでちょっと後ろに人の存在を感じ振り返ると、ヘルメット姿でロードバイクにまたがっている。しかし、いつも会うHさんではなく、別人。すぐ視線を前に戻す。

途中路肩で動物が内臓を出して死んでいるのを発見。それは都会で増えているテンだった。かわいそうだが、見過ごして先を進む。途中、ずっと後ろを走ってきたらしいロードの彼が、野田阪神の交差点で信号を待ち、信号が代わって青になると同時にぼくを抜いて、行った。かなりのハイペースで前を行く。うしろから抜かれまいとしているようだ。40kmは出ていた。しかし、ぼくも大人気なく、その彼が少しペースが落ちてきたので、ちょっと力を入れると、40km以上出ていて、彼を抜いてしまった。ここはやはり通勤暦5年以上の意地がある。しかし、そのあとは交差点での注意は怠れない。あとはマイペースで職場まで走った。

 家に帰ると妻から、3週間前に六甲山で行方不明になった打越さんが発見されたということを聞いた。さっそく神戸新聞の夕刊をさがす。書いてあった。かなり衰弱して3週間ぶりで見つかった。妻によるとしかし、脳死状態らしい。そして見つかったのは、天狗岩と言ってポピュラールートの途中の砂防ダムの付近らしい。合計300人以上の人がずっと捜索してきたが、見つからなかった。

 ぼくの予測では、やはり六甲ケーブルの駅ちかくの油コブシの道をくだり、途中案内がかなりあやしいところもあるので、そこから東の谷「西谷」に迷い込み、それからどう動いたのかわからないが、さまよい歩いて、結局もっと東の尾根を登り、天狗岩付近に到達したのではないかと思うのだ。上の道路から700mしか離れていないところらしい。上には六甲オリエンタルホテルもある。

 山はまようと、元来た道を逆戻りするか、だめでも決して山を下らず、高いほうをめざすのが鉄則だ。ぼくも六甲と能勢の山は、かなり歩いた経験があり、まよったことも数多くある。ましてぼくは地図を必ず持っていくが、彼は、カントリーハウスで食事、飲酒のあと、ぞうりの格好で山を下ろうとした。無謀としかいいうようがないし、遭難した人を非難したくないが、山を冒涜している。ただ六甲山は山頂付近にも町のようなところがあり、道路も伸びている。車で下駄ばきでも山頂付近にいくのは可能だ。しかし一歩旧道や、山林の中に入ると、ごく近くしか見晴らしがなく、初心者だったらすぐに遭難するところはいくらでもある。

 そこに大きな盲点があるように思う。ましていくら都会に近い六甲といっても、天候がすぐに変わる。霧も出る。山を甘くみるなということだ。

 とにかく打越さんの回復の可能性は難しいらしいが、奇跡でもいいから回復してほしい。

« 朝の通勤途上の大事件発生! | トップページ | やっと水曜日って感じ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/4022863

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲で行方不明の男性発見される!:

» 自動車事故についての話題 [私の稼げる情報・気になる情報]
自動車事故は起こしたくないですよね。どうしたら自動車事故を防ぐことができるか、また自動車事故を起こしてしまったときはどうすればいいか簡単にまとめました。 [続きを読む]

« 朝の通勤途上の大事件発生! | トップページ | やっと水曜日って感じ! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30