フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« わが愛車プレーリー | トップページ | プレーリー物語続編2 »

2006年11月28日 (火)

プレーリー物語続編

 昨日突然の風邪がぶり返した。今度は種類が違っていて、お腹、特に胃が刺し込む。下痢もともなう。昨日の昼休み、食事に出たが、出てきたおかずを見て急に食欲がなくなる。別に料理が悪いわけではない。

 だが、残すには悪いので全部無理して食べたが、それがいけなかったのか、デスクに戻るとだんだんお腹が張ってきて、2回トイレに行った。夕方は倉庫の応援に行ったが、途中で目の前が真っ白になりかけた。これは20代のころ、正月あけの出勤で駅まで急いで走ったとき目がくらんだ体験以来だ。夜もよりのM医院に行ったが、窓口で貸してもらった   体温計で熱を測るとなんと38度以上。急に風邪を自覚してきた。

 今これを書いている28日午後7時30分ころはだいぶマシだが、まだ完治はしていないようだ。

 さて一昨日に続きでわがプレーリーにまつわる話をしよう。この車は、前回言ったように所有して16年以上になった。走行距離は160,000Km。しかし順調にここまできたのではなかった。3度ほど廃車寸前ということになるアクシデントがある。普通の人ならそこで新車に買い換えているだろう。

 最初のアクシデントは12年ほど前、そのころ親交のあつかったHさん家族とスキーにいくことになったが、Hさん家族と我が家の子どもたちは先に宿舎に行っていて、妻と僕は夜に遅れて出かけた。目的の兵庫県温泉町の宿舎(宿舎といってもHさんの友人のもっている工事現場の家という感じ)へ登る坂にさしかかったとき、雪がいくぶん道路に積もっていたが、「まあ、チェーンなしでいけるだろう」と安易に考え、そののぼりをすすんでいたとき、急に前輪が動かなくなった。つまり雪がタイヤの間にたまり、じゃまをした。

 車を降りて見たとき、坂をゆっくり後ろにすべりだした。動転していて、うしろから突っ張ってとめようとしたが、間に合わず、運転側のドアを開けたままどんどん下がりだし、がけにドアをぶつける形で停車。この先どれぐらいで宿舎にたどりつけるのだろうかとものすごい不安にかられた。しかもあたりは真っ暗。

 しかたがないので、歩いてその坂を登っていったが、そんなに遠くではなかったので助かった。しかし運転席側ドアは蝶番を無理やりゆがめてしまい、帰りはドアがきちんとしまらないまま、紐で固定して帰った。ただこれは、無事修理できたので助かった。

 2回目は3年前か。今はオーストラリアの大学にいる長男が家に帰ってきているとき、野菜の納品のアルバイトをしていて、プレーリーを使っていたのだが、急に車がガ、ガ、といって停車動かなくなったらしい。当時ディーラーの修理工場にずっとお願いしていたが、そこの判断では、オートマが壊れているので、それごと変えないといけない。2~30万円は費用がかかるといわれ、これは廃車するしかないかと、そのとき同じ形状に車のパンフを物色したりしていたが、「ちょっとまてよ、念のためもう一件修理工場にあたってみよう」と、電話帳で探していると、ニッサン専門の修理工場が目にとまった。あたってくだけろだと電話し、さっそく車をもって行った。

 ベテランの整備士の人がとにかく一緒に近辺を乗ってみましょうということで近くを運転してみたが、どうもおかしいという顔をしていて、最初は前の修理工場の判断を考えていたようだが、とりあえず車を預けて見てもらうと、リアタイヤのゴムが一箇所磨耗していて、それが原因にまちがいないということだった。ここに見てもらってよかった。あかげで3万円払うだけでなおった。その後はこの修理屋さんをずっとお付き合いしている。

 ディーラーの修理工場は若い整備士が多く、技術がおとるわけではないだろうが、新しい車の修理が多いので、うちの車のようなケースを経験する機会がないのだろう。それに営業がすぐ連携していてこんな時は、すぐ新車の話を間断なくもってくる。一度そこの営業の人に説教したことがある。新車を売ることばかりを考えているからだ。

 長男も以前免許を持ち初めて、「家のプレーリー早く買い換えたら」といっていたが、オーストラリアで住むようになって、いかに向こうが中古のそれも日本の自動車がいっぱい走っているかを目の当たりにして、カルチャーショックをうけて、それ以後新車のことは言わなくなった。残りの家族5人とも彼のところに旅行に行ったときも、ぼろぼろのうちの車より古い日本のクラウンだと思うが、それに乗っていた。向こうでは、ない部品は、現地で作ってしまうらしい。それもそんなに高くない値段で。

 さて3回目は、昨年だが、ちょっと疲れてきたので明日また書くことにする。それから思い出したが、4回目が今年あった。それもいっしょに書いてみよう。

« わが愛車プレーリー | トップページ | プレーリー物語続編2 »

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/4346043

この記事へのトラックバック一覧です: プレーリー物語続編:

» free games [free games]
prepaid credit cards pet supplies baby names [続きを読む]

» games cheat [games cheat]
wallpapers spain dragon ball z [続きを読む]

» van insurance [van insurance]
GAME SERVER weight loss cheap hotels [続きを読む]

» BMW中古車は?BMWやね!BMW情報@関西人 [BMWやね!BMW情報@関西人]
BMWやね!BMW情報@関西人です!安すぎるBMW中古車は要注意です。もしもあなたがBMW中古車販売店の社長だとして、良いBMW中古車をオークションから仕入れて、その仕入れ価格より安く販売しますか?赤字で・・?そんなことは絶対にありえませんよね。会社がつぶれます。要する...... [続きを読む]

» fcar [fcar]
xbox cheats hedgehog mapquest investment p... [続きを読む]

» plasma tvs [plasma tvs]
wedding music Ecards Sensual website development [続きを読む]

» e-commerce [e-commerce]
sugar babes swimming pool yoga [続きを読む]

» resume examples [resume examples]
web page hosting halo 2 hyip [続きを読む]

» start work at home business [start work at home business]
mortgageb fcar vacation homes [続きを読む]

» share trading [share trading]
soccer slime world of warcraft wedding invitations [続きを読む]

» dj equipment [dj equipment]
diy cheap flights list scooters [続きを読む]

» game hosting [game hosting]
met art property development half-life 2 [続きを読む]

» surgery [surgery]
gameboy health insurance free video games [続きを読む]

« わが愛車プレーリー | トップページ | プレーリー物語続編2 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30