フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 3日ぶり、復活の通勤自転車 | トップページ | ノロウイルス撃退 »

2006年12月 1日 (金)

中仙道てくてく旅終わる

 今日はもともと休暇をとっていたので、ちょうど火曜日M医院に行ったときに血を検査することのなっていたので、その結果を聞きにいくのをかねて再びM医院に午前9時40分ごろ行った。

 しかし時間が悪かったのか、風邪が流行っているのか、患者は10人以上待合室にいた。「こりゃ、またされるな」と無意識に足がバックしかけたが、頭はしかたがないと靴を脱いで上がった。座るところを探して、入り口そばの臨時丸いすに腰掛けた。前回本棚でチェックしていた「縄文の声」という冊子を読もうと思ったが、本棚の近くにも患者さんが座っているので、取り出すことができす、どの辺にそれがあるか、チラッチラッとそのほうを見ていた。

 ようやくその患者さんが席を立ったので、すかさずその本を見つけ、手にとった。

 三内丸山古墳発掘実行委員会発行のこの冊子は、冊子といっても読み応えがある。なぜこの本が気になったかというと、僕は縄文時代とその文化にとくに興味をもっている。というのは最初は、新婚旅行のときに北海道に行って、アイヌ部落の中で、アイヌを研究する地元の研究家の本を購入し、それを読むと日本のあらゆる地域にアイヌ語に共通する地名がたくさん残っていて、それもアイヌ語の間に「っ」が入ることば「ノサップ」や「キリタップ」などと同じことが九州の「ベップ」ということばにあることを知ったことだ。

 その後自分で関連の本をいろいろ読んでいるうちにますます興味が出てきた。中には縄文のルーツの人々が太平洋をまたいで世界に広がっていったという仮説もある。縄文土器によく似たものが南米で発見されているという。

 ちょっとブログの趣旨をはずれるが、ものすごく興味がある。そして今日読んだ冊子を読むと三内丸山古墳の発見で、ますます縄文の概念が新しいものになってきているということを読み、期待するばかりだ。これは自転車生活と何の関連もない。いやひょっとすると何かでつながるかもしれない。じっくり考えて見たい。

 ただ、このM医院の本棚は、たくさん本を置いているが、ちょっと自分の本の傾向に似ている。椎名誠あり、歴史ものありで「ははあ」と思ってしまった。

 この2ヶ月で5回このM医院に通ったが、こんなことはいままではじめてで、自分は同じ世代の人より健康で、医者にかかるなどありえないと思う間違った気負いがあったが、医院に通うのもいいもんだなと思い始めた。それに自分の仕事は、その医院が使う材料、機械を提供することだから、そういう面でも患者の立場で医院に行くのは役に立つ。

 家へ帰ってから、筑紫哲也の10年ほど前出版の「この『くに』のゆくえ」を読みつつ、雑誌「バイシクルクラブ」も呼んだ。武蔵野市で自転車のあるべき道を模索していることと、都市計画の専門家(自転車まちづくり研究会)が考える「シェアザロード」のことがわずか1ページだが掲載していた。

 今スポーツバイク、なかでもロードバイクが急速に人気が出てきているらしい。それもマニアックな人だけじゃなくて、普通の若い女性までファッションという意味で。それは幕張で開かれた「サイクルモード」の記事の中に書かれていた。

 それだけに自転車販売業界でも、そのロードバイクが走りやすい道路環境がないと広がらないと考えているのだろう。このバイシクルクラブの「シェアザロード」に知られたメーカーが賛同してきている。

 話は変わって、NHK衛星第2で企画され、放送され続けてきた「中仙道てくてく旅」の主役、勅使川郁恵さん(元アイススケートショットトラック・オリンピック代表)がついに京都三条から歩ききって、東京日本橋に到着した。僕も全部は見れていないが、屈託ない彼女に注目していた。いまどき歩いてかっての主要街道を走破するという企画は好感がもてる。第一うそがない。前回の企画では東海道を走破するものがあって、サッカーで引退を決意していたもとサンフレッチェ広島の岩本選手がチャレンジャーで見事達成したが、かれは今日の番組でも祝福のため電話で出演していた。タダかれの紹介に驚いた。なんとかけてきた電話の場所はニュージーランドからで、そこでサッカーチームの代表になっているのだ。

 たしかひざの痛みでサッカーを諦めていて、その東海道の企画を受けたのだが、その毎日のウォーキングがリハビリになっていて、ひざの故障がなおり、他国のチームでカムバックしているというのだ。これは僕にとって感動ものだ。

 やはり人間は歩かないといけないようになっているのではないか。それから今書きながら思い出したが、縄文の冊子の中に縄文人の骨格の研究について書いている部分があって、それは今の日本人より背丈は低いが、なんと骨の形状は、今のスポーツ選手なみの筋肉の発達に対応した骨格の形になっているというのだ。そしてひざから下の骨、腕も先端部分の長さの割合が今の日本人より高い。哺乳類ではピューマやヒョウがそうであるらしい。早い走りがやりやすいような形なのだ。それは1万年から5千年前の祖先の姿だ。

 現代人は自動車という便利や移動手段を発明したり、ほかにも楽な生活を享受したが、大事なものを失っている。一方自転車はその便利さの一部ではあるが、少なくとも自分の足と体を動かしながら、自然の空気と過剰でないスピードで移動する祖先のながれを保ちつつ、現在の便利さももっている恐るべき発明品ではないだろうか(こぢつけと思いますか)。 自分なりに答えを導きだせた。

« 3日ぶり、復活の通勤自転車 | トップページ | ノロウイルス撃退 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/4391098

この記事へのトラックバック一覧です: 中仙道てくてく旅終わる:

» 京都→東京 via 中山道 Finish!! [龍太郎のすいすいダイアリー]
てくてく旅、ついに日本橋にゴ~ルしましたねぇ! テッシー、お疲れ様。 以前にも書いたけれど、中山道は自分にとっても身近な街道だったので、見ていてとても楽しかったです。 諏訪を通り、本庄を通り、板橋を通り…途中に自分と縁のある土地がたくさん出てきました。 諏訪では、諏訪の方言がたっぷり聞けたし。(笑)下諏訪の宿場は、諏訪の花火の時に立ち寄っている、蕎麦屋の「山猫軒」のすぐ脇で、諏訪大社下社秋宮が近くにあります。 下諏訪から登る急峻な和田峠と、その後に通る碓氷峠は、旧道は現在で... [続きを読む]

» need for speed most wanted xbox cheats [need for speed most wanted xbox cheats]
dark lotus Sable WWF spain overstock... [続きを読む]

» baby clothes [baby clothes]
web hosting wedding invitations sweet shop [続きを読む]

» bariatric surgery [bariatric surgery]
Coffee Benefits cartoons bathrooms [続きを読む]

» auto parts [auto parts]
diablo 2 Free Tattoo Designs lingerie [続きを読む]

» vat registrations [vat registrations]
cheap tickets london psp games van insurance [続きを読む]

» vacation rentals kauai [vacation rentals kauai]
advertising anniversary gifts highly scented candle... [続きを読む]

» foreign exchange [foreign exchange]
Free Tattoo Designs engagement rings mortgages [続きを読む]

» sports cards [sports cards]
debt highly scented candles game servers [続きを読む]

» debt [debt]
olympics auto parts mental illness van insurance ... [続きを読む]

» prom hairstyles [prom hairstyles]
crosswords Original Wedding Vows blogging [続きを読む]

« 3日ぶり、復活の通勤自転車 | トップページ | ノロウイルス撃退 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30