フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 出張の1日、北陸に雪がない? | トップページ | 週明けの通勤で疲労 »

2007年2月25日 (日)

次男、三男誕生会

今日は、とくに予定がなく、とりあえず折りたたみ自転車のパンク修理が課題としてあった。Dsc00003_4 地下駐輪場から移動させてきたが、前も後ろも空気が抜けている。どうもいたずらではないかと、疑ったが、タイヤをはずしてみると、パンク箇所はなく、どちらも虫ゴムが原因だったようだ。Dsc00006_6

 ついでにマウンテンバイクを点検していたが、以前からどうも後輪タイヤがゆがんでいて、何度空気を入れなおしてもなおらない。今日は念入りにチェックしてみると原因がわかった。タイヤの地面との接地部分はほとんど減っていないのに、側面が一部やぶれかえていて、その部分がゆがんでしまっていたので、なんど空気をいれなおしてもいびつになるところは同じだった。そのため夕方サンワサイクルにそのマウンテンに乗って出かけ、タイヤを一本買った。

 それにしても今日の夕方はひさびさに寒かった。

 それから今日は、次男、三男の誕生会を設定した。誕生会といっても、妻とぼくと合計4人で近くのリビエールというケーキ屋さんでバースデーケーキを買ってきて、シャンパンで乾杯。部屋を暗くして、「ハピバースデーツーユー」と歌い、ろうそくのケーキを消してもらう。彼らは双子なので、二人いっぺんということでケーキはひとつ、ろうそくは24才の祝いなので、それぞれ太いローソク2本と細い分を4本×2倍をそのケーキにさし、2人同時に消してもらう。小さい時からそうだから二人とも納得している。

07

連絡しておいたオーストラリアの末っ子の娘から、お祝いの電話がはいった。彼女は専門学校から大学に転入合格が決まった。あと1年現地でがんばる。

 今日のあとの時間は雑誌サイクルスポーツを読み、読書のゴールがやっと見えてきた「9.11と9条」(小田 実著書)に読みふける。小田さんは奥さんが韓国人で済州島出身である。だから韓国への深い思い入れがあるようだ。しかし、書いている内容は示唆に富んでいて中身が深い。韓国ソウルの清渓川の高速道路撤去と川の復活のことを書いていたが、これは「快挙」という表現で評価している。これは、とても共感できる内容だ。また彼が育った大阪も同じように高速道路が中心部をわがもの顔に走るが、大阪の特色だった堀を復活するべきと書いてある部分は、「そうだ!」といいたい。そんなことをいう人は最近聞いたことがない。ぼくは現実的のそのことをぜひ実現してほしいと思う。

 

« 出張の1日、北陸に雪がない? | トップページ | 週明けの通勤で疲労 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/5489825

この記事へのトラックバック一覧です: 次男、三男誕生会:

« 出張の1日、北陸に雪がない? | トップページ | 週明けの通勤で疲労 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30