フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« つかの間の休日 | トップページ | 暖かくなってきたぞ! »

2007年3月22日 (木)

信号とは何なのか!

 今日は、一般道を走っているとき、交差点の信号が赤で停止していても、信号をまもる自転車を見たことがない。

 昨日の憲法の講演会でおもしろい、たとえ話を聞いた。

 タイタニック号の遭難時、非難できるボートが乗客人数分なくて、婦女、子どもが優先にボートに乗り込んだが、男性の大人を待っているように説得するとき、アメリカ人は、「勇敢さを見せる時だよ」と言えば納得し、イギリス人は「紳士のルールですよ」という。ドイツ人には「規則だから」と。

 はたして日本人にはどういえばいいか。聞いてわらってしまうが、「みんなそうしているでしょ」といえば理解されるということ。これがスイスでの笑い話の中で実際に語られているというのだ。

 信号無視はどこの国にもあるが、きっと日本人は「みんな無視しているんだから」という考えが多いのだろう。ということは、多数が信号をどんどん守りだすと、みんな守っていくのではないか。その分希望がもてる。そういった場面を実際に見たことがある。

 当然僕が信号の前に止まる。すると2人ほどつられて止まる。そうすると1人を除いてほとんど止まるということが実際あった。ただ、主体性をもって行動してほしい。なぜ止まる必要があるかということはいろんな意味があると思う。

 まずそんなところで危険を犯してまで急ぐな、ということ。それから実際危ないということ。青信号になっている方向の人に迷惑をかけるということ。

 たしかに車がくる可能性がないことを確認したら渡ってもいいじゃないかという考えもある。しかし僕は自分のパフォーマンスとして渡らない。それは周りがみているということだ。

 あのロードバイクの人はきっちり信号を守っているなということを見せている。周りの子どもたちにとっても大人がどういう行動をしているかは、常に見られている。

 だから僕は信号をかたくなに守る。

 今日も行きの通勤の途中職場に近いなにわ筋という大きな道路を青信号で渡っているとき、年配のおばさんがぼくから見て右から左に横断しようとしてきた。そのままだとぶつかるタイミングだ。「ちゃんと信号まもってくださいよ」と叫ぶ。「すみません」といいながら止まるのでなく僕が手前で止まってそのままあばさんは進んだ。

 この交差点はそういったことが多いので、渡りたくない。信号無視の自転車、歩行者に遭遇すると黙ってはいられないので、注意してしまう。それがむしろいやだ。ちゃんときれいに止まっていてほしい。

 そういったことを考えると、そのほか車の左折時の対応、左折レーンと直進レーンの間をうまくすり抜けるタイミングの計り方。左折車が信号で4,5台かたまっているときの右レーンへの出方など、かなり技術と運動神経、判断力、バランス感覚など五感と頭を使っていると思う。

 通勤自転車に関しては、都会の道路を往復するときはその覚悟と経験が必要だ。

« つかの間の休日 | トップページ | 暖かくなってきたぞ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/5782870

この記事へのトラックバック一覧です: 信号とは何なのか!:

» 芯からきれいになる!!お勧め温泉はここだ!! [おすすめ温泉情報]
温泉シーズンも残りわずか。今最もおすすめ温泉をご紹介!! [続きを読む]

» 五感 [成功と健康の2重螺旋]
五感は宿やケーキ工房の名前にもなっているようですが、五感を刺激する、育てる事が保育園か注目されています。人間がものを選ぶ際に五感に訴えるようにマーケティングする事が重要だといわれます。何しろ五感のうち、ほとんどの刺激は視覚から。ほかの感覚は意識せず... [続きを読む]

« つかの間の休日 | トップページ | 暖かくなってきたぞ! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30