フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ごぼう抜きのロードバイク三昧 | トップページ | ほんとうにあほなスピードアップ »

2007年3月 7日 (水)

トラブル侘び面談

 今日も昨日に引き続き寒い。昨日と同じぐらいかなと思って走っていたが、国道2号の道路温度表示はなな・・、なんと4℃。

 昨日と同じくらい(昨日は9℃)かな思ったが、5℃も低い。途中、新大阪コースのロード青年が、追い抜き際に「おはようございます」と声をかけて、先を走っていった。ちょっと会話をしようかと思ったが、その後チャンスがなかった。

 仕事の方では、今日は午後より職員のミスに関して、S会をおとづれた。先方は、7つの歯科診療所をたばねて経営する法人。事務長と面談したのだが、その方はとほうもないやり手である。コンピュータの知識はもちろん、労務管理、経営学、医療法の知識、おまけに一級建築士の資格ももっておられるので、自分の診療所の設計までやってしまう。

 当然おしかりをいただいたが、話がその経営からもろもろにおよびこちらは聞くばかりで、なかなかの薀蓄を聞けた。

 一応話しはまるく収まったが、これも人間どうしの信頼関係のなせるわざであろう。

 さて、事務所にかえって、その緊張感もあり、どどっと疲れが出てきた。帰りはある意味一仕事やり終えたという感じで、開放感でペダルを回す。それにしてもまたまた寒さと、横風、向かい風の帰路である。

 ところで横風時の走行での極意について体験を語る。風が吹いている方向に少しからだの重心をおく。ただ、このおき方が問題で、非常に微量な感覚であるとともに、風のいきおい、向きも瞬間的にかわる。その中を微妙な体重のあずけかたで交わすことも一定の技術であり、自転車走行の醍醐味だ。

 とくに淀川大橋などを渡っていて、横風がきたとき、かなり振られるときもあるし、そこはバランスのとり方プラスハンドルさばきが加わる。右から強い横風がくると、振られつつ、ハンドルを風の方向にすこし戻す。ただ右は自動車が走る道路部分なので、緊張をともなう。

 また向かい風の最中、すぐ前にバスがいるときは、できるだけバスについていく。ギヤーをどんどんあげるとついていける。これはなかなか面白い。今日も停留所で一台のバスが停車していて、すぐ右ウインカーが出た。これチャンスだ。バスの風よけの中を40km/hぐらいで国道2号尼崎商店街付近を走る。その後バスにおいていかれたが、これほどおもしろいことはないですぞ。

 家にかえると、申し合わせどおり、長男がオムレツと鶏肉のフライを料理中。今日は楽だ。まあこういう日もあっていいだろう。

« ごぼう抜きのロードバイク三昧 | トップページ | ほんとうにあほなスピードアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/5605529

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル侘び面談:

« ごぼう抜きのロードバイク三昧 | トップページ | ほんとうにあほなスピードアップ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30