フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 深夜会議の後遺症 | トップページ | jitensya »

2007年4月 5日 (木)

またまた寒くなってきた。道路によく落ちているおむすび?

 今日は再び自転車通勤。朝の国道2号線途中の温度表示は8℃を示している。「あれ今日4月の何日だったっけ」。一瞬今のカレンダーを疑う。

 それにしても今日は車の数が少ない。朝は出掛け、資源ごみの準備を忘れていて、慌てて朝の時間で用意したのだが、そのため出る時間が少し遅れた、。それでも最初に停止する一番近くの交差点で出会う女性にまた会ったので、ほっとしたが、ちょっと遅れているなと思った。

 今日は朝のミーティングの担当者がいないので、遅れるわけのはいかない。開始の時間の5分前の入ったのでは着替える時間についやされるため、9時の開始チャイムに間に合わない。

 ただ、今日は車の量がさっき言ったように少なくて、歌島交差点は、一機に通過できた。

 ところで最近淀川大橋付近でおおきなおにぎりが道路端に落ちているのを見かけるが、これはどうも不可抗力で落としたのではないようだ。自分でほかしているのではないかと想像する。だれが作ってくれるのは想像しがたいが、もしほかしているとしたら、せっかく作ってくれているのに、また食べ物に困っている人を想像すると、なんてことをするんだと怒りが湧いてくる。まあこれはあくまでも想像だが。

 ところで今日はクロスバイクで歩道を走る青年とずっと争っていたが、なにせ信号無視を平気でするのだから、こちらがいつもの30km/hで走っていても交差点でいっしょになる。ある種ばかばかしくなったりするが、それでも結局スピードで差をつけた。

 やはり一瞬でも追い風になったときのペダリングは「おお、おお~~」という気持ちで楽しくなる。てき面のペダルの軽さを体験することができる。やはりロードバイクなわではの感覚だ。

 帰りの自転車はかなり寒かった。ただそれだけだ。

 家に帰って風呂に入り食事になるときのビールはやはり走ったあとでないと味わえない感覚だ。偶然見ていたNHK衛星のクローズアップ現代の「伝説の先生」だったか、定年まじかの金森先生の最後の1年間の小学校6年生の授業を紹介していた。それは職場の人間関係に通じるものを感じた。

 とかく本人は意識していなくても他の2人が仲が悪くなるように、外から計掛ける発言をしたり、まわりの人に変に攻撃的になったりするケースがあり、それをそのままにしないで、みんなの手紙でのおたがいのやりとり、それもみんなの前に発表する形で表現し、お互いのわだかまりを解いていく。

 それは先生の若い時代に、受け持った1人の生徒が「なにも楽しいことなんかない」という言葉を残して自殺していった。そのことが金森先生の今の「命の授業」というコンセプトになっているということも、関心させられた。

 職場にも、自分の問題点はたなにあげ、人を批判するタイプの人が一定数いる。また管理職に責任をすべてもっていこうとする発言もある。しかしお互いが分かちあえる気風を作ることは、学校に通じるのかもしれないと職場とつなげて考えられた。

 ただまだ職場に入って1,2年の若い職員がむしろ感動や感じたことを率直にうけとめ、発言や行動に表そうとすることには、はげまされる。

 人間の集まりはどこも同じだなと思う。

 ただ、社会の中で交わろうとしない人が増えていることは体験で感じる。自転車どうしニアミスしかけたときも、何食わぬ顔をして去っていこうとする。ちょっと前、自転車に女性が自分の無謀運転でバスと下敷きになりかけたときも、ちょっと無表情にその人の顔にかんじた。

 いったいどうなっているんだ。泣くときは思いっきり泣き、笑うときは素直に笑う。知らない人であっても、こまっている人がいれば、声を掛ける。そんな社会になってほしい。そんな職場の人たちであってほしい。

 ふと考えてしまう今日このごろである。

« 深夜会議の後遺症 | トップページ | jitensya »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/5987181

この記事へのトラックバック一覧です: またまた寒くなってきた。道路によく落ちているおむすび?:

« 深夜会議の後遺症 | トップページ | jitensya »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30