フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 昨日は寝てしまった! | トップページ | 突然のパソコンの故障が! »

2007年4月29日 (日)

母死す!施設での生活4年目

 昨日は、ゴールデンウィーク初日であるが、まだ仕事のモードが消えていない。また心配ごとも帰りぎわに聞き、どうもうれしい休みとはいえないが、とにかくそのしがらみを立つため、スーパー銭湯へ行った。また宣言していた琵琶湖一周サイクリングは天候の予報もあり、疲れも抜けきれていないとこをあり、30日に設定を変更した。

 スーパー銭湯は、JR尼崎近くの「極楽湯」。午前11時半ごろ入ったが、客はまだ少なく、のんびり湯に浸れた。入浴後、そこで食事をし、帰りついでに、注文していたワイヤレレスマイクシステムをマサゴ楽器に購入しにいき、そのあとコープこうべに買い物に行った。

 家に帰ると午後2時。ところがところが、兄の奥さんから、母が危ないと突然の電話。すぐ入院している病院に事情を聞いてほしいということで、電話番号を聞き、連絡した。自分でも電話番号をプッシュしながら動揺を隠せない。

 電話を入れると、どうも午後すぐ病状が急転し、心肺停止と呼吸停止で、死亡にちかい状態で、点滴だけ続けているという答え。「死亡しているということですか。それとも脳死状態ということですか」と聞いても、はっきりしない。ただ脳死状態の先を行っているとのことだ。すぐ誰か親族が病院に来てほしいということなので、インターネット地図情報でその住所を入力し、すぐ車で向かった。

 病院では、入っている3階の看護士長さんと思われる人から経過の説明を受け、病室に入り、すでに死んでいる母を見た。そのあと、当直の若い医師が来て、瞳孔のチェックと聴診器でのチェックのあと「死亡されました。時刻は午後3時28分です」という言葉。すでに死んでいることはまちがいないが、正式には家族が立ち会う時間で死亡時刻にするらしい。まああとから考えると危篤の連絡がある前にすでになくなった状態なので、家族が立ち会う間がなかったとうことで異例ではある。

 母はそれまで預かってもらっていたグループホームから老人保健施設の入所が可能になって、2月から代ったのだが、そこで誤飲が多く、胃から「イロウ」という措置をせざるをえないという提携病院の指示で最近胃からチューブを挿入する措置をしたばかりだ。

 うたぐったらきりがないが、それがあだになったことはまちがいない。ただ誤飲の繰り返しで、肺炎にちかい状態にはあったようだ。なにせ本人は重度の認知症になっているため、自分では、急変に対応できない。悲しい現実である。当年83歳である。

 その後、どう対応していいのかまったく白紙状態であったが、その病院の看護士長さんからも対応のしかたを聞き、とりあえずその日一日は霊安室に置いてもらえるとうことだが、家族が1人はついていないということなので、午後4時からずっとそのあとの対応が決まるまで、ずっと母のそばにいた。

 兄は午後7時を過ぎても所在不明。携帯電話もOFF状態。そのうち妻がきて、兄の奥さんがきて、そこでできることを相談。兄の奥さんに近隣の集会所で借りれるところを探してもらうため帰ってもらった。しかし兄とはなかなか連絡がつかない。

 妻と相談してとりあえず、大阪パルコープとコープ神戸の連絡先を自宅の長男に連絡し、調べてもらう。そのうち兄が家に帰ってきたが、自宅にとりあえず母の遺体を運ぶのもむすかしいということなので、動けない。もう午後8時を過ぎていた。

 午後9時過ぎやっと集会場が手配ついたということで、やむなく病院から提携の葬儀屋さんに依頼し、そこまで運んでもらう手配をつける。そのうちパルコープの葬儀屋さんにお願いすることが決まったのがすぐあとだった。

 午後10時半ごろようやく移動の葬儀屋さんの車が来た。病院の関係の医師、看護婦さんに見送られ、集会場にむかった。その間なんと僕は7時間病院にいた。

 そんなこんなで、日が変わって、今日は密葬として兄家族、僕の家族(ただし、オーストラリア留学中の娘は、帰ってこれないがメールを送った)で、昼の食事をしながら、母との思い出を話あった。住職などの宗教者は来てもらわない。読経もない。かざりもほとんどない。しかし2家族だけでゆっくり母を送るための場はできたと思う。

 午後3時すぎ、同じ西淀川区の火葬場へ向かう。午後3時半ごろの火葬ということだが、この時間での申し込みは少ないらしい。というのは、また明日にもやした灰をひらいに行く。でも今回はゴールデンウィークの初日になくなったいうことで、対応がやりやすかった。

 本人にとってはどんな人生であったのか、韓国の植民地時代にシンガーミシン支社長の子どもとしてなに不自由ない生活をすごし、敗戦ととも坂を転がるように日本に逃げ帰ってきたらしい。したがってもって帰ってきた財産などない。どういうきっかけか、父と見合いで結婚し、僕と兄が生まれた。理髪店を夫婦できりもりし、父が53才でなくなるまで続いた。

 そのあとはいろいろあったが、兄の子どもたちが生まれて以後孫との触れ合う生活にそれはそれなりに幸せであったのだろう。しかし人付き合いが下手で、子どものような性格であるため、各所でトラブルを起こしていた。最終的に痴呆が進行してしまったが、83歳の人生は本人でないとわからないことだろう。

 ぼくはそんな母であったが、それなりに落ちこんでいる。今日はおやじーずの演奏に予定があったが、キャンセルしてもらい、夕方はすこしやりきれないので、庭をおもいっきりいじった。少しスッキリした気持ちであるが、まだショックはとれていないのだろう。

 暗い話ばかりだが、自分の人生も振り返る2日間であった。

« 昨日は寝てしまった! | トップページ | 突然のパソコンの故障が! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/6253372

この記事へのトラックバック一覧です: 母死す!施設での生活4年目:

» 浅尾美和 ポロリ!流出!画像&動画集 [浅尾美和 ポロリ!流出!特選画像&動画集]
ビーチの妖精〜浅尾美和〜 特選!ポロリ画像&流出動画集!〜プライベートお宝プリク... [続きを読む]

» 結婚相談所 サンセリテ 青山 [結婚相談所 サンセリテ 青山 で決り]
結婚相談所 サンセリテ 青山 へ行けば、セレブな相手と結婚式があげられちゃう。結婚したいなら結婚相談所 サンセリテ 青山 へ行こう! [続きを読む]

» 結婚仲介 サンセリテ青山 見合い [結婚仲介 サンセリテ青山 見合い]
はじめまして。この度、結婚相談所サンセリテ青山に関するサイトを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ご迷惑な場合には、お手数ですが削除ください。失礼致しましたm(__)m。 [続きを読む]

» 結婚相談所 サンセリテ青山のうわさ [結婚相談所 サンセリテ青山のうわさ]
エリート会員専門の結婚情報サービスサンセリテ。その魅力にせまってみたいと思います。 [続きを読む]

« 昨日は寝てしまった! | トップページ | 突然のパソコンの故障が! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30