フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 流れ星少年団小学・中学卒業祝い | トップページ | 家に帰ってびっくり!長崎市長撃たれる。 »

2007年4月16日 (月)

雨の日はリニューアルしたミヤタ・グランデミオで

 今日は天気予報どおり朝から雨である。先週はミヤタグランデミオ(ランドナー車)のサドルの問題を解決し、サドル自体を取り替えて、試しのりをしたが、なにせインナーのタイツは、サポートタイプというか女性用の密着型だから、よけいに筋肉が圧迫されて、必要以上に疲れがあった。

 今日は自転車タイツのみで、上からレインウェアをはいたが、ちょっと寒さもあって、ちょうどいい感じだ。それに今日は雨なので、ほとんど遠距離通勤族は皆無。ただし、よく見るスーツ姿で信号無視運転の青年がかさをさして走っていたが、さすがに小降りになると傘をたたんで、前かごにさして走っていた。

 道路温度は12℃である。風は追いかぜ気味なので楽だ。この調子だと快適である。体に伝わる振動は、ロードの、軽さとタイヤの細さからくるダイレクトなものと若干違う。ただロードの場合は、それだけ腕自体のクッション吸収技術がためされる。

 ただランドナーは概して変速機がダウンチューブにあるレバー式なので、変則するとき、片手をハンドルから離して、レバーを操作する。それだけ片手でも安定乗車ができないといけない。またブレーキレバーの手をあてる部分の上からブレーキワイヤーが出ているので。時々手を離したりするとき、手を引っ掛けてしまうことがある。ただしロードバイクも1980年代ぐらいか?まではこの形である。

 したがって、シマノのブレーキレバー、つまりブレーキ操作と変速操作を同じところでするようにしたのは当時活気的なアイデアだろう。発明したのは、シマノか、カンパニューロ(イタリアのライバルコンポメーカー)かは知らないが。

 そんなことを考えながら走っているわけだが、たかが自転車も奥が深いのだ。今日ミヤタ・グランデミオを走ってみて、ようやくサドルの新しい位置とサドル自体になじんできた。明日が雨でも大丈夫だよという感じだ。

 ただ昨日ビールを5本以上飲んだせいか、体は調子が悪い。これを書いている夜ようやく回復してきた。

 夕食は次男が、オムライスを作ってくれていた。なにせ5人分なので大変だったろう。みんな子どもたちは料理を作るので助かる。おかげで昨日できなかった片付けを瞬時にできた。

このあと木曜日にあるOM九条の会の集会で「千の風にのって」を歌唱指導するのと、それを集会がはじまる前に流したいということでテープに録音する作業が残っている。しかしまだ夜9時だ。本当に夕食を誰か作ってくれると助かる。

« 流れ星少年団小学・中学卒業祝い | トップページ | 家に帰ってびっくり!長崎市長撃たれる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/6115299

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日はリニューアルしたミヤタ・グランデミオで:

« 流れ星少年団小学・中学卒業祝い | トップページ | 家に帰ってびっくり!長崎市長撃たれる。 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30