フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« コケ玉教室キャンセル | トップページ | 行きも帰りも追い抜かれる »

2007年6月18日 (月)

雨にふられて just walking in the rain

091                                                       今日は先々週の土曜日の代休を取った。やはり皆勤をめざすより、適度の休暇が次のエネルギーにつながる。

 朝から雨が強くなったり、弱くなったりだ。あいにく妻から7月の旅行予約の件で、銀行へ行く用事を頼まれる。ついでに長男も「銀行いくの。ついでに振込み頼みたいねんけど」と次から次と用事が増えた。

 長男からは、4月のバイトでの報酬を2重入金されたので、返金してほしいということだが、その通帳の三菱東京UFJ銀行(長い名前だ)に記帳に行った。ところが「はいっていないではないか」。最初間違えて記帳の中の去年の振込みを勘違いして入金しかけたが、残高が4万円しかないので、振込みのできなかったので、結果的によかった。しかしどういうことだ。2重入金などされていないではないか。しばし考えてしまう。

 次に尼崎信金に旅行の予約金を払いにいった。雨がパラパラ降っているが、傘をさすのも危ないので、無視して傘をささずに移動した。自転車は、折りたたみ中国製改造車。これが苦労して改造したが、なかなか調子がいい。一時は、駅前でぼろぼろにされていたが、ぼくのスキルでいまや十分走れるようになった。

 さて、銀行に行って難問発生。振込み金額が10万円を超えているのだが、旅行会社への登録者が妻の名前で、振込みの際、管理番号をいっしょに記入してほしいということだった。窓口で振り込むと、1050円取られるというので、自分のキャッシュカードでATMから入金の手続きをしてみたが、これがまた融通がきかない。管理番号など記入する余地がない。しばらく考える。やっぱり窓口でともう一度順番カードを引き抜き、用紙に記入していたが、また妻の名前で振込み人を書いてしまい、やっぱりこれでは本人確認が必要だ。妻の確認するものはなにも持っていない。

 しかしなんで振り込みだけこんな本人確認というややこしいことをさせるのか。聞いた話では、テロ集団の振込みをチェックするためという説があるが、迷惑は話だ。

 結局またATMでぼくの名前で振り込んだ。ちょっと心配なので、家に帰ってから旅行社にその件の事情を説明しようと電話したが、込み合っていてなかなか電話がつながらない。5分ぐらい電話し続けてようやくつながり、OKをもらった。

 これでもう午前の時間は終わってしまった。昼間で少し時間があったので、英語にいそしむ。ここで少し手ごたえをつかむ。リスニングは繰り返しがキーワードだと自覚した。

 気をよくして、昼飯のしたく。食事中ラジオでNHKをなにげなく聞いていたが、視聴者の声みたいな紹介で、「たまたまメタボリックヲ心配して、意識的に歩いていたが、まったく変化なく、ガソリン代の値上げも考えて自転車通勤を思い立ってやってみたら、すばらしい発見がいっぱいだ」と内容のことが話されているではないか。これは自転車通勤が注目される絶好の時代かもしれないと思った。

 午後はひたすら読書にふける。昨日会合で講演されたものだが、「強奪の資本主義」(著者 林 直道 新日本出版社)。戦後の日本の社会の流れについて、知らないことが多々ある。その中でなぜ日本に今の憲法ができたり、民主主義がうまく広まったかという理由だが、当時の米軍の幹部の中に民主主義者がたくさんいたといことだ。しかしその人たちもアメリカが世界でまた戦争を進めていくとき、レッドパージというつまり赤狩りで、いっぱい公職追放にあってしまったらしい。歴史というのは、おもしろいなと思った。

 一日で読みきろうと思ったが、235ページの半分しか進まなかった。著者はすでに80歳という。80代はあなどれないぞ。

 市民派の小田 実さんは、昨年9条の会で講演をされたが、彼も80歳。しかし癌をわずらって、今闘病中ということだ。瀬戸内寂聴さんが見舞っている記事が今日の神戸新聞に載っていた。しかし死を覚悟していま論文をしたためているらしい。

 戦後20代で、戦後を生きてきた人たちは骨のある人が多いような気がする。

 部屋の中はさすがに湿気が多く、しのぎにくいが、思い立って扇風機を引っ張り出した。去年しまうとききれいに拭いて保存していたので、新品にようで、気持ちがいい。リビングから見えるテラスと庭は雨にぬれて味がある。テーブルの上にコケ玉がワンポイントだ。

« コケ玉教室キャンセル | トップページ | 行きも帰りも追い抜かれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/6830737

この記事へのトラックバック一覧です: 雨にふられて just walking in the rain:

« コケ玉教室キャンセル | トップページ | 行きも帰りも追い抜かれる »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30