フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 代休を使ってサイクリング | トップページ | 今日もペダル回転力に心がけ »

2007年6月 5日 (火)

自転車愛好家は確実増えている

 昨日ブログを打ったあと、テレビを見ていて、ニュース23(毎日放送)で、自転車通勤が増えているアメリカの都市として、ポートランド市を紹介していた。

 自転車を普及することが主目的ではないが、要は車社会から脱却しようというのが目的で、当然自転車と徒歩の通勤を促している。役所の環境対策課だったか、そういった部署で積極的に自転車の通勤を増やすため、移動しやすいコースを一人ひとりに応じた情報として提供している。

 実際自転車で通勤している人たちを映像で捕らえていたが、結構自転車ウェアが本気だ。またスピードもかなり出しているようだ。ただ日本と違うのは、結構自転車が専用で走れるレーンがあるようだ。

 アメリカではまだ少ない現象らしいが、うれしくなった。また役所の関係者が話していたが、決して反自動車という設定ではなく、アメリカが勝ち取った車という文明の享受をうけいれつつ、「もっとこういったやり方もありますよ」というコンセプトで促している。

 ぼくはどちらかというと車オンリーの生活に甘んじている人を軽蔑している感があるが、対決姿勢では問題は解決しないのだろう。つまりより社会の先を行っているのは、車でなく、自転車や公共交通という方向であるということを宣伝していけばいいのだ。

 しかしそうゆっくりとは考えていてはいられない環境の変化もある。危機感がある。確実に環境に影響の少ない電気動力、自転車、徒歩などを普及していくことを望みたい。

 

 さて、今日の走りだが、昨日堺の自転車博物館の中村博司さんが、毎週日記を書いているのを読んでいるが、ペダルのスムーズな回転の訓練ということが書かれていた。中村さんはもと全日本で優勝したこともあるツワモノだから、その体験は十分しているのだろうが、そのことを意識して今日は走ってしまった。

 しかし回転スピードを上げ、力を要れずにまわす技術というのは極めていない。ひたすらまわして走った。たしかにスピードは力を要れずにあがっていく。しかしだんだん足は疲れてくる。まだまだ無駄な力の入れ方になっているのだろう。

 ただ、昨日Tシャツと七分パンツでロードバイクで走ったときの最初の違和感に比べて、レーサパンツとウェアでヘルメットを被って走るとバシっと決まる。自分にあっている。

 途中モンベルのKくんが猛スピートでちょこっと挨拶するかと思うまもなく消えていった。かれはロードに変えて異常に早い。若者にはかなわない。 30km/hをキープしながら走る。

 それから仕事中、なんばの職場から天満橋ちかくの合同庁舎に登記簿謄本をもらいにいくため、電動アシスト自転車で走ってみた。メーカーはサンヨーで今欠陥が問題になっているものと違うが、ペダルを踏むとすぐ力が加わり、後ろから押されているような感覚で進む。しかしある程度のスピード以上になるとあまり分からない。

 また谷町への道が登りの坂があるが、まったく力がいらない。このときが本領発揮だ。これはまだまだ改良の余地があるように思った。操縦性能は、一般自転車を基本にしているので、ちょっとおもしろくない。ただ今静かに普及しているように、ある一定の効果はある。

 帰りの通勤では、ロードバイクに乗り換えて走っていると、スピードが出た段階での軽さはなんともいえない。どんどんスピードをアップすることができる。それの車体が軽いので、自分の体との一体感がなんともいえない。そういった違いはあるのだろう。やっぱりロドバイク以上のものはないなと思う。

« 代休を使ってサイクリング | トップページ | 今日もペダル回転力に心がけ »

コメント

今朝お会いしたzuzieです。
なかなか力の入ったblogですね。
恐れ入ります。
私のblogは映像中心のお気楽なものですが
ぜひ見にいらしてください。
またお会いしたらよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/6677662

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車愛好家は確実増えている:

« 代休を使ってサイクリング | トップページ | 今日もペダル回転力に心がけ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30