フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 葬儀会場と路面電車 | トップページ | ツールド・フランス開幕 »

2007年7月 6日 (金)

3日ぶりの通勤自転車は気持ちいい

101  今日は3日ぶりの自転車通勤である。しかし今日は金曜日ということで気分はいい。また最近なぜか右足のシューズに不具合があるように思っていたのに今日はむしろ具合がいい。

 あいかわらず、左側通行で走っていても逆送してくる自転車が多いのには辟易する。どなるのをやめ、にらんで、いやな顔をして表現している。

 ところで日本経済新聞の5日に記事で「国交省・警察庁懇談会報告」のことが書かれていて、通行エリア原則分離の方向で話が進められているらしい。その中でももう一度、自転車という車両は原則車道走行であるということが再確認されてきているようだ。

 以前道路を走行中、ちょうど交通安全推進期間だったのだろう。交差点ごとに警官が立っていたが、そのうちの一人が僕に大して、笛を吹いて歩道にはいらせようとしてきた。僕は無視して進んだが、認識不足もはなはだしい。警察官の研修でどういう教育をされているのだろう。それともそういう教育はないのだろうか。

 まあ、それを考えると警察官の認識もかわるだろう。

 きょうの通勤では、また久々、シマノのFさんにであった。彼の先を走るのは、気が引けるが、今日はなんとかひっぱろうと42km/hぐらいでつっぱしった。「42kmでしたよ」と彼も感心してくれたが、なかなか続かない。しかしいっしょに走れるのはうれしい。彼はいわばロードバイク正統派の走りだ。

 また来週の再開を約束して分かれた。

 仕事はそこそこつまっていたが、5時の終業をめざして仕事に集中した。5時にはほぼ仕事を終え、30分は管理という感じで、他の人にそのあとをまかせて、職場を出た。

 帰りの自転車は、追い風。34km/hをキープしながらしばらく走る。阪神尼崎付近でバス停を発車したバスのすぐあとをついていこうと考えたが、前が渋滞していないので、肝心のバスはスピードを上げるので追いつかない。途中であきらめたが、また次のバス停が近いので、僕の方が前に行ってしまう。

 このところペダルの回転力を意識して回しているので、スピードはわりと軽くあげることができるようになったような気がしてきた。

 いよいよツールド・フランスが7日から始まる。スカパーで聴取するので、そのアンテナの前に伸びてきた姫りんごの木の葉っぱを思わず昨日大幅に切った。総合優勝の期待の高い旧ソ連圏のビノクロフに期待しよう。

« 葬儀会場と路面電車 | トップページ | ツールド・フランス開幕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3日ぶりの通勤自転車は気持ちいい:

« 葬儀会場と路面電車 | トップページ | ツールド・フランス開幕 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31