フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 琵琶湖、単独一周を実行! | トップページ | 映画「ヒーロー」を見に行く »

2007年9月23日 (日)

琵琶湖、一周挑戦後遺症

001  琵琶湖一周から一夜明けて、やはり疲れはだいぶ残っている。

 しかし朝6時に目を覚まし、白髪染めやら洗面やらで、いそがしくしてしまい、疲れがどっと出てくる。

 それでも洗濯物をたたんだり、4着のシャツをアイロンしたりで、ほぼ午前中を費やした。

 お昼まえから、このブログで琵琶湖一周の顛末を書き、昼食にし、またブログし、1時半ごろやっと一応の仕事を全部終えた。しかし、まだまだ蒸し暑いので、シャワーをし、本を読もうとベランダの椅子に座るが、蚊にさされるし、眠たくなってきたので、和室にもどり、昼寝とする。

 目が覚めるともう4時。時間遅れで、屋敷タカジンのトーク番組を妻が見ていたので、一緒に見る。実は屋敷タカジンは高校の2年先輩。この人に面会し、高校のときフォークソングサークルに入れてもらった。こんな有名な人になるとは思っていなかったが、人間的にはほとんど変わっていないように思う。

 夕方、1999年のサイクルスポーツ保存版をひっぱりだし、実はそのなかの自転車体験談の記事に自分の琵琶湖一周の記事が掲載されたので、保存していたのだが、その記事を改めて見てみると、7時間12分で完走している。

 ショック! 昨日の記録より上回っている。ただしそのときも5月2日というころの実行なので、暑さは雲泥の差だ、と思って自分を慰める。

 009_2 その記事の中では、琵琶湖一周にむけてだいぶ周到な準備をしていると書いてある。またはじめてDHバーをハンドルに装着して運転しているので風の抵抗は少ない。

 結局、休憩のトータル時間を差し引き、長浜から尾上までのハンガーノックを考えると確かに今の方が早いかもしれない。

 今回は滋賀県なら尼崎とちがってもうだいぶ気温は下がっているだろうという甘い考えが失敗だった。それに2日間夜寝るのが遅かったのも不摂生だった。反省しきりである。

 それにそのハードさが今日も後遺症として残っている。ただいつもは、あまりの体力の消耗のせいで、実行したあと必ず寒気がするということが多かったが、それはまったくなかった。坂を登る心肺機能は確実に鍛えられている。暑さだけはどうすることもできなかった。

 それでもショック。8年前も2週間に一回自転車通勤していたし、翌年は琵琶湖センチュリーランのレースにも参加している。ただ今は週に5日から6日毎日自転車で片道16kmを通勤しているのだ。運転技術は確実に上がっているだろう。問題は年齢が高くなっていくにしたがって、体力はやはり落ちてくるんだろうかという心配だ。

 この問題にいい方向に納得するために、以前と同じ気候の条件になかで挑戦するしかない。淡路島は一回しか一周は実行していないが、どちらも課題としていこう。

 通勤だけで自分の運動環境は完結してしまうだけではだめだろう。そう思った昨日の体験だった。

« 琵琶湖、単独一周を実行! | トップページ | 映画「ヒーロー」を見に行く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/8076737

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖、一周挑戦後遺症:

« 琵琶湖、単独一周を実行! | トップページ | 映画「ヒーロー」を見に行く »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30