フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 僕にとっては3日目の休日 | トップページ | 疲れても走る僕 »

2007年10月31日 (水)

1日走って筋肉痛!これはいったい

086_2  昨日は、ココログのサーバーがメンテナンス中で更新ができなかった。

 昨日帰りが突然の雨にさらされ、注意しながらペダルをこいだ。一応、職場に古いレインウェアをおいている。

 雨の走行では、サングラスがじゃまになることがある。というのは、反対車線の車のライトや街灯でさえも反射して、前をさえぎるのだ。

 こういったときはサングラスをはずすほうが無難だ。

 ぼくはなんとか雨の小降りなので、道は、国道をさけ床下川ぞいのサイクリング道を通った。

082 さて今日は天気がいい。今日の業務は展示会の後の発送作業で一日暮れる。

 昼休みは欠かさず通っている「喫茶キャビン」にコーヒーを飲むのと、読書のために向かう。

 その前の昼食は、ちょっと気持ちを変えて、洋食屋の「南風」にランチを食べにいった。

 ところで今読んでいる本は、「コテコテ論序説」(上田賢一 著 新潮新書」で大阪でもなんばのことを独特の考えで、その歴史を展開している。吉本興業の果たした役割と、大阪球場と、解体後のなんばパークスについて肯定的に書かれている。

 大阪でミナミは「なんば」はニッポンの右脳である、とウタッテいる。なかなか面白い考えだ。

 ほとんど居眠り半分で喫茶店で休憩している。

 ところでこの喫茶店のあるビルは以前にも書いたことがあるが、昭和初期の建築で、まるで道頓堀に浮かぶ船のような姿をしている。店内も船の中の喫茶室のようだ。

 だからぼくは好きで毎日行く。オーナー夫婦とは顔なじみだ。

 さて帰りの自転車は、追い風。ペダルはせかされるように回る。日本人がそうなのか、2号線近辺を走る自転車の男たちは、たぶんに競争してこようとする人がいる。

 ロードバイクに勝てるはずはないとわかりそうなものなのに、ときどき勝とうとして全速力でついて来る部類の人がいる。

 こちらのまけるわけにはいかないので、ちょっと力を入れてしまう。お互い馬鹿だ。

 辻真一さんというスローライフの提唱者がいる。ぼくもその方の本を読んで共鳴している一人だが、道路では、気が休まらないときもある。

 マイペースをいかに保てるか、これが課題かもしれない。信号を無視して先を入っていった人に「くそ、ひきょうな」と思っているようでは、まだまだ人間ができていないかもしれない。

 しかし、昨日今週はじめて走っただけでやけに足の太もも内側から付け根にかけて傷みを感じる。ちょっと年のせいかなと思ったりする。もう6年以上走っているのにこれはどうしたことだろう。まだまだ修行がたらないと自分にいいきかせ、いかに楽に疲れのない走るができるか考えながら走っている今日このごろである。

 

« 僕にとっては3日目の休日 | トップページ | 疲れても走る僕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/8700894

この記事へのトラックバック一覧です: 1日走って筋肉痛!これはいったい:

« 僕にとっては3日目の休日 | トップページ | 疲れても走る僕 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30