フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 自転車に乗るならバイクウェアで | トップページ | OM »

2007年10月18日 (木)

四ツ橋筋は逆走自転車オンパレード

Photo  朝の神崎川を通る。風がなくおだやかな川がきれいだ。

 走行途中、ぶかぶかロード青年と、シングルギア青年が相次いで、抜いていく。

 ぼくは今日かなり筋肉痛を感じている。あえて追いついていこうという気はない。

 しかし、あわよくば、後から写真を取ろうとしたが、追いつくことができなかった。

 そのうち、なかなか会えなかったシマノのFさんに再会。後から追いついてきた。

 2 今度はなんとか彼について走った。本当に早いスピードでもすぐ後からついて走ると、かなり軽いペダリングでついていくことができる。これがロードバイクの魅力でもある。途中、ぼくも前を引いた。いつも一目おいている人物である。

 仕事は、担当の会議が午後からあるため、時間に余裕がなく、あっとゆう間に夕方になってしまった。

 夜6時には、役員の歯科医師N先生の診療所に言って、明日本番の「OM9条の会2周年の集い」でやる寸劇の練習をする約束だ。

 そのため北向き一方通行の四ツ橋筋を走るが、やたら北からしかもこちらの左端斜線を逆走してくる自転車のなんと多いことか。

 もちろん歩道が走りにくいということはあるが、こちらのほうが避けざるを得ず、ちょっと右に寄らざるを得ない。これほどあぶないことはない。

 何回かどなる。しかし知らないふりをして走っていくものばかり。

 信じられない!世も末だ!

 診療所で練習を追え、さらに北向きに四ツ橋筋を走ったときもさらに逆走者が何台もいる。日ごろ事故は起こっていないのだろうか。

 もし自転車どおし接触してもたいへんな衝撃だ。

 もっと誰でも自分の命を大事にしよう。危険は極力回避する行動をするべきだ。信号無視などもっとのほかだ。

 交通戦争ということばがあったことを思い起こしてほしい。今でも公道に出た段階で、戦争と考えてもいい状況だ。誰が危険運転をするかわからない。

 歩道を歩いていても安全とはいえない。

 そんな空間の中ですべての自動車、バイク、自転車、歩行者はおたがいに危険回避に最大限に努力するべきだ。

 ちょっとまじめな話になってしまった。

 しかし、ぼくは命がけで毎日走っている。

 それでもロードバイクで走る魔力は、一回はまってしまうと取り返しにつかないことになっている。しかしそれはいいことではあるのだ。

 人生ぼくにとってはこれほど面白いことはない。

« 自転車に乗るならバイクウェアで | トップページ | OM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/8491641

この記事へのトラックバック一覧です: 四ツ橋筋は逆走自転車オンパレード:

« 自転車に乗るならバイクウェアで | トップページ | OM »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30