フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 通勤にパソコンを持って | トップページ | 体の調子もいい感じ »

2007年10月24日 (水)

現役ロードバイカーという自信

Photo  レースで優秀な成績を残したわけでもなく、とくに優れているわけでもなく、ただ通勤自転車を走るつづけている自分である。

 しかし、いくら世界的に有名なロードレーサーであっても現役から離れて、ほとんど自転車に乗らなくなったとしたら、その人には、ぼくは「現役でやってます」と言える自信がある。

 本格的にマウンテンバイクとロードバイクに乗り始めて12年、毎日通勤自転車生活をはじめて、6年半が実績である。

 この間、自転車で移動した距離を自動車に乗っていたということを勝手に換算すると大変な環境保護に貢献していることになる。

 そんなことを考えながら、帰宅にために走っていたわけだが、とにかく文句なく自転車に乗ることは面白い。

 今日朝走っていて、尼崎アルカイックホールの近くの信号まちで止まっていると、ちょっと汚れた感じのおじさんが歩道側で自転車を押しながら話しかけてきた。

おじさん 「どこまでいきはんの」

ぼく 「なんばまで」

おじさん「どれぐらいかかるの」

ぼく「んん。ここからだと40分ぐらいやね」

おじさん「やっぱりね」「なにわ筋でいきはんのん」

ぼく「いや、新なにわ筋ですわ」

おじさん「ああ、そう」

ここで信号が青になる走りだすと

おじさん「気つけてね」

ぼく「ありがとう」

たわいのない会話だが、おじさんからは珍しい存在に見えたのだろう。

 帰りの自転車では、海老江交差点で前にロードバイクらしい青年がいる。しかし、格好は普通のシャツとズボン。しかしやけにおもいきりペダルを踏んで走っていく。ぼくはおいかけない。しかし淀川大橋に入りと、なぜか歩道に入ってしまう。そのあとも橋という橋は歩道を走る。車道が怖いのだろうか。

 信号待ちでおいついて、その自転車をよく見ると、後輪タイヤの接地面がやけにへこんでいる。空気圧が低すぎる。よくあれでもうスピードが出せるものだと関心する。

 しかし阪神尼崎近くになり、ぼくはバスの後ろを風除けで走ると一度彼を抜いてしまった。そのあとまた先に信号をスタートしてまた猛スピードで走るので見失ってしまった。

 とにかくそのような人物が現れると、ペースを乱される。マイペースで行こうとしていても、前にそのバイカーが走っているので、つい意識してしまい、ペースをあわしてしまったり、追い抜こうとしたりしてしまい、結局脚を傷めることになりやすい。

 まあ、道路もみんなで利用しあっているわけだから仕方がないだろう。

 今日の朝は道路気温は17℃だった。

« 通勤にパソコンを持って | トップページ | 体の調子もいい感じ »

コメント

いつもブログ&通勤時に拝見しています。
信号守ろうね倶楽部は、すばらしいことだと思い手本にさせていただいております。
 先日の帰り道、杭瀬あたり追い抜かれた際の出来事ですが、私は歩道をゆっくり走っておりました。すると車道を走っていたあなたがタンを歩道側にむいて吐いたときに、正直、少しかかりました。非常に腹立たしかったです。私は信号を守ることも大切だと思いますが、それと同様に大切なことがあると思います。
2号線を通勤する者は、少なからずあなたのブログ&リアルを見ていますよ。そのことをもう少し念頭におきお互いに気持ちのいい自転車通勤をしましょうね。

そんなこととは露知れずたいへん失礼なことをしてしまいました。いつも体を動かしている最中さかんにたんが出てしまい、運転に右側ではバイク運転手にかかる可能性を感じており、できるだけ路肩の溝めがけて出しているのですが、申し訳ありませんでした。
 注意して走りたいと思います。ご忠告感謝します。

ブログでの掲載すいません。あのときは、感情をそのまま投稿したため乱暴な文章であったことをお許しください。そして、ありがとうございました。
これからも、SMC応援しております。私もSMCに入会したつもりで、まず、自分の身から確実に行動したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129118/8598560

この記事へのトラックバック一覧です: 現役ロードバイカーという自信:

« 通勤にパソコンを持って | トップページ | 体の調子もいい感じ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30