フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 休日のノルマに急きたてられて | トップページ | 通勤自転車顔見知りオンパレード »

2007年11月26日 (月)

信号無視の人が多すぎないか?

Photo  朝の道路温度は11℃。ちょっと先週より高い。

 2号線に出るときダボダボズボン青年が横切っていった。彼はこの路線をかなり早いスピードで走っている。だからつきて行く気はない。

 ただ信号のいたずらでしょっちゅう出くわす。

 そのうちずっと先を走っていったが、そのあとよく声をかけあう神戸から新大阪まで走っているSくんが後ろから声をかけてきた。昨日彼のブログ「Life is bike]を見たばかりだ。サイクルモードのことをぼくよりずっと専門的な解説をしている。

 ときどき顔をあわせるのは楽しみだ。

 歌島交差点で別れて、ひたすら職場をめざす。今日は、「セライタリア」のブルーの新サドルではじめて今日走っている。サドルを変えただけで、なにか自転車が変わったような感触だ。一昨日試乗したキャノンデールの感覚がまだのこっているが、違和感だけが残っている。その点ぼくのビアンキはなおさらピッタリの感触だ。

 土佐堀あたりで、不思議にまたダボダボ青年に遭遇。信号待ちで前にいた。彼は土佐堀の次の交差点で左折する。

 月曜日の通勤は気が思いし、とくに今日はそう思うのだが、走っているときは別だ。

 帰りの自転車はちょっと遅くなって6時半に職場を出たが、信号まちでとまっているたびに信号無視の自転車、歩行者がいかに多いか、改めて驚いてしまう。それは大阪市内から、尼崎に入ってもまったく同じだ。中には大きな道路をどうどうと真ん中まで進んでいくやからがいた。いったいそんな危険なことをしてなにかメリットがあるのだろうか。

 ただ自転車で道路を走るものとして感じるが、信号手前で黄信号になって、赤になるまでの時間は自転車にとっては早すぎる。スピードを出さざるをえない。やはり自動車のスピードにあわせて信号のタイミングを設定している。

 歩行者にとっても、足の遅いお年寄りにとっては、歩行者用信号もはやすぎるところがある。これも健常な人の速度を基本にしているのではないかと思ってしまう。

 もっと弱い人に重きをおいて道路のいろいな設定をするべきだ。できればすべての交差点はスクランブル信号(前後左右歩道を一斉に青にする)にしてほしい。それで左折する車と歩行者が接触することはない。

 自動車にとっても左折での停止で後ろの車が渋滞することもない。

 Photo_2 まあ帰りも新しいサドルの感触に満足しながら、やたら足が回転して家まで走れた。

« 休日のノルマに急きたてられて | トップページ | 通勤自転車顔見知りオンパレード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日のノルマに急きたてられて | トップページ | 通勤自転車顔見知りオンパレード »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30