フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 今日は調子がいい自転車通勤 | トップページ | 休日的生活の一日 12月1日 »

2007年11月30日 (金)

妻との夜のデート、映画「オリオン座からの招待状」鑑賞

Photo  今日は妻と夜映画を見る約束をした。

 それで通勤は電車で行くことにした。職場に着くまでの道頓堀川近くも橋の欄干にゆりかもめがたくさんとまっていた。

 仕事は重要な会議もあったが、夕方にあっという間になり、「ああ、明日から2日は予定がない休みだ」と開放感がただよってきた。

 夜の映画館は、尼崎「塚口」駅前のサンサンタウン。

 7時5分の上映で、6時半の映画館前待ち合わせだが、20分ほど早くついてしまい、とりあえずチケットを2枚買い、サンサンタウンのショッピング街を見てあるいた。

 時間になり妻が待っていたが、妻もチケットを2枚買っていたというハプニング。本当なら払い戻しはないらしいが、2人でダブッて買ったとお願いすると、「今回だけ返金しますが、次回からはできません」と窓口で言われた。ただ次回も覚えているのかなと疑問が残る。

 映画「オリオン座からの招待状」は、結論的にはいま一歩だった。出演の宮沢りえと、加藤○○さんは好演していると思ったが、脚本というかストーリーというか、京都の西陣に作られ、営業しつつづけた映画館だが、流れの中で、ここはなぜこうなったのだろうと思う部分の答えがないまま最後まで行ってしまった。もともと原作者 浅野次郎の作品自体、ばくぜんとしたストーリーが多いような気がするが、先日「三丁目の夕日」を見たせいで、泣いて、笑って飽きさせない映画を期待してしまったかもしれない。

 音楽もこの映画のために作られたものではなかったのがものたりない。まあ今日でこの映画は上映が終了したので批判してもいいだろう。

 ただ映画がはじまる前、映画館としてのBGMであのボブ・ディランのオリジナル演奏が流れていた。どなたの選曲なのか気になるが、意外なところですごい曲を聞けた。また金曜日の夜はサービスでパップコーンを無料で配られるという楽しみもあった。

 「映画ってほんとうにいいですね」と内容は不満があっても、言える。

 

« 今日は調子がいい自転車通勤 | トップページ | 休日的生活の一日 12月1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は調子がいい自転車通勤 | トップページ | 休日的生活の一日 12月1日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30