フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 通勤はやっぱり自転車しかないでしょう | トップページ | 大阪サイクルモードに行ったよ! »

2007年11月23日 (金)

映画「ヘアスプレー」見に行く

Photo_2

Photo                             昨日書いたように今日は伊丹のダイヤモンドシティー内にあるTOHOシアターに「ヘアスプレー」を見にいくため、それも朝9時45分上映の時間のため、あわてて家を出た。

 ただし、インターネットですでに前売りで席まで予約しているので、気分的に楽だ。 

 というのは前回「ヒーロー」を見にいったとき、窓口で券を購入する形で行ったが、なにせどのくらいの人気がわからないのでちょっと不安だった。そしてある意味予想どおり、たくさん並んでいてギリギリの入場になってしまったのだ。

 今回は会場で機械を使ってもらった番号と電話番号を入力して、座席券をもらうのだが、はじめて利用した。これからはこれでいこう!

 しかしその券で入場するとき、50歳以上の証明できるものを見せてくださいと足止めを食らった。健康保険カードがあったのでそれでOKをもらったが、うしろにたくさん並んでいたのであせった。

 映画は星4つという感じか。ダンスと歌が80%ぐらいのミュージカルタッチだが、音楽の内容もいい。またストーリーも「人間に対する偏見をもたずみんな恋愛も、つきあいが大事」という感じで、1960年代のアメリカ国内だと思うが、ボルチモアという地方都市を舞台に、おデブちゃんの娘がテレビのダンス番組でデビューする。

 その父親も母親もいい。母親役はかってダンス映画で一世風靡した○○○○?トラボルタ、実に特殊メイクと着ぐるみで超肥満の女性に扮している。

 最後の場面、ミスヘアスプレーコンセストの生放送で、白人、黒人が入り混じり、そもその禁止されていた黒人の少女が選ばれるという奇想天外のクライマックスである。

 しかしアメリカ映画ではさすがにダンス、の水準は高い。イラク戦争の長期化やサブプライム問題だど日本以上に病んでいると思っていた国だが、この映画の製作の心意味が伝わってくると勝手に思っている。

Jr  映画が終わって、ヒーローを見たときと同じように小西酒造経営「長寿蔵レストラン」という酒蔵を改造したレストランで昼食をとった。ちょっとリッチなムードになって帰る。

 JRで帰るが、伊丹から福知山線で尼崎まで行くので、あのJR事故現場を通る。あのマンションには誰も住んでいないそうだが、生々しくまだ建っている。

 尼崎から神戸線に乗り換えるが、この駅の窓から六甲がくっきり見えていた。

Photo_3 Photo_4  家には午後2時まえに到着。昨日買ったロードバイク用サドルをビアンキに付け替えてみた。

 自分的にはかなり気に入った。はずしたビアンキ純正サドルはかなりこき使った。裏側はかなり汚れていたし、サドルをはずしとき砂がねじに付着していた。

 そのあとアマゾンで取り寄せた本をバランダで読みながら、七輪に炭をおこし、この間もらった屋久島着のさつまいもを銀紙でつつんでその中にいれ、やきいもを作った。これがなかなか上手かった。

 家にいて、田舎を体験したような気分になった。

 明日は、サイクルモードにおそらくミヤタグランデイアーランドナーで行こうと思う。楽しみだ。

« 通勤はやっぱり自転車しかないでしょう | トップページ | 大阪サイクルモードに行ったよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤はやっぱり自転車しかないでしょう | トップページ | 大阪サイクルモードに行ったよ! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30