フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« フロントフォークを交換 | トップページ | 健康診断の一日 »

2008年5月 6日 (火)

連休最終日、亀岡まで走る

Photo  連休最終日さてどう過ごすか。外は快晴、昨日できなかったマイビアンキのフロントフォークの感じをつかむため、試験運転をすることにした。

 何回かシマノのHさんから「いいよ。いいよ」と言われている京都美山まで走りたいところだが、そこまで行くには朝すでに9時を過ぎている。

 とにかくその半分の亀岡をめざしてみようと思った。途中体調が悪くなればそこで引返せばいいさ。という感じだ。

 家からスタートしたが、最初どうもハンドルのバランス、のとり方がやや難しい。左右にバランスをくずしそうだ。

 おそらく前のフォークと車軸に伝わる感覚が違うのだろう。

Photo_2  産業道路を北へ走り、川西池田駅(阪急)過ぎ、国道423号に迂回しようとしたが、ちょっと迷い県道12号線にもどってしまう。とりあえずそのまま北へ進む。477号線への分岐点で右折し、それを通り過ぎ東へ進むが、かなり山越え。

 しかしまだ体調はよく、さらに進むと423号線が見えてきた。T字路を左折、北へ進む。しかしすべて登りだ。

 以前箕面から高山へ出て、下ったところがあるはずだ。

 土々呂だったか、その信号を発見。

 ギアはフロントをインアー(36)、リアを25か23か?でずっと進みと以外と順調。六甲を登っていることをイメージすると、なんということはない。

 途中休憩中先を走っていったブルージャージの男性に追いついて声をかけたが、かなり余裕がない様子。

 「どこまでですか」と聞いても「???」。「亀岡ですか」と聞くと「うう」とかなり辛い様子なので先を行く。

 それにしても風はずっと向かい風だ。がまんの走りだ。

 そのうち峠がやってきた。「よし」と思いつつ、往復で帰り通る可能性もあるので、ちょっと複雑だ。

 それでもかなりのダウンヒルを楽しむ。

 そのうち亀岡市街という看板が見えてくる。12時近くになってきたが、まずトイレとコンビニを探す。亀岡運動場が見えて、トイレを探すが分からない。

 それでそのまま亀岡駅まで行ってみることにした。線路にぶつかり、右か左か分からず、なんとなく左に行くと2kmぐらい進んだところが、次を駅だった。

 逆戻り約3km走り、ようやく亀岡駅を見つけた。トイレに直行。ほっとして、それならと表示があった「保津川下り」場所まで行ってみることに。Photo_3

 その手前の線路際に、菜の花畑がみごとだ。Photo_4

開放的気分になってきた。ああ、亀岡まで来たぞという感じ。

 すぐ近くに保津川下り食堂があり、コンビニ弁当は止め、そこに入ることにした。

 ちょっと愛想のよくないおばさんがいた。まだ誰も客がいない。ただ川下りのためまっている客の人たちがあたりにたくさんいる。

Photo_5   暖かいそばに山菜、とろろ、きつねが入り、おかずが一品とごはんがついている。

 そのうち男性グループ5人とカップル2組が入ってきた。

 窓の向こうでは河原が見えるが、嵐山から運んできたのであろう、木船をトラックからクレーンで下ろしているのが見える。

「そうか。下ったあとはトラックで運ぶんだ」。

 

 往路は9時45分に家を出発して、12時半この食堂についたので、12時間45分かかった。ただ何回かまよったので、次回はもっと時間が短縮できそうだ。なにせいつか美山まで行こうと思う。

 午後1時過ぎ食堂を出発する。そこからも国道372号線と477号線に入るのにかなりまよい、再度亀岡駅に帰ってきたりした。結局1時半をすぎて亀岡を出発した。

 Photo_6                                    

 湯の花温泉の登りをクリアし、T字路を左折。しばらくまだ登りが続く。そのうち下りになるが、どうも行きと風が変わったのか、帰りも向かい風だ。

「どうなってんねん」。

 ちょっと閉口する。下ってもスピードが出ない。辛い帰りだ。

 能勢付近のルートがひどく長く感じる。

 

やっと一庫ダムの北端が見える。湖面はかなり水が多い。今は潤っているようだ。

Photo_7 ダムの上から川下を望む。天気がいいので、きれいなロケーションが見えた。

 ああ、やっとここまで来たという感じだ。

 そのまま日生中央駅付近目指して走る。かなり疲れが出てきた。足が重い。

 途中、すっと二人のリカンバンドに乗った男性に抜かれる。

 不思議なことに行きの道路でも彼らが先を走っているのを見た。

 川西池田駅の手前であまりのどが渇くので、コカコーラを飲む。以前これで元気が出た体験があるのだ。

 今日も不思議とそうなった。川西から伊丹、尼崎に抜けるまで体の調子がよくなってきた。

 無事家に到着。午後4時半を過ぎている。帰りは3時間かかった。

 まあ、フロントフォークの感じは、でこぼこの多い道路では、体に感じる振動がダイレクトになったような気がするが、まずまずだ。

 それにしても向かい風の連続は辛かった。

« フロントフォークを交換 | トップページ | 健康診断の一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロントフォークを交換 | トップページ | 健康診断の一日 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30