フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ビンディング・クリートの位置の直して | トップページ | Sくんと出会って、全力モードに »

2008年5月15日 (木)

自家製パンの成功

080515  今自家製パン作りに凝っている。

 というのも毎朝食パンとコーヒー(挽き立て)と自家製ヨーグルトが習慣になっているのだが、よく食パンを切らしてしまう。

 それで以前妻がよく作っていたパン製造機でのパン作りに挑戦してみようと思ったのだ。

 最初は、マニュアルがなかったので、手探りというか、あてずっとの分量で作ってみたが、パンが膨らまない。ふくらみのない塊になってしまう。すでに一週間挑戦し、あるヒントで、超強力薄力粉を手に入れ、バターの代わりに特性のものを入れてみた。

 それで写真の食パンになったわけだが、ついにそれらしいパンになった。

 朝おきたときは、そのパンの匂いが心地いい。

 何事も手作り。野菜も手作りが理想だろう。なにせ日本に食料自給率は39%だ。

 これを幸せというんもではないだろうか。

 これはちょっと大げさだが、ついに成功したときはうれしい。

Photo  さて通勤にほうだが、ボトルブラケットのキーキー音は今日も聞こえない。

 帰りの走行は後ろから風で押される感じだ。スピードがどんどん出る。ペダルが軽いのはいいが、ちょっと怖いぐらいだ。

 昨日も書いたが、靴についているクリートの位置というのは、本当に微妙だし、デリケートだ。

 だからサドルの位置付け、クリートの取り付け場所、ハンドルの高さなどonly one の設定が必要だ。

それだけおもしろい。

 さて、今中国四川省の地震被害は日を追うごとにその被害の大きさがあきらかになってきている。今も報道ステーションで写されているが、実際倒壊した瓦礫の中から救出される被害者や家族を無くした人に泣き崩れる姿を見てしまうと他人事ではない。

 みなさん、赤十字や新聞社の募金要請に応えましょう。ぼくは1万円は赤十字にしようと思っている。それしか今はできない。

 ただ、ある説によると、こういった大地震は人口的に引き起こすことが可能だという話があるらしい。上空に何億万ボルトの電磁波をおこし、それを空中から地中の断層に刺激して地震をおこすという話だが、理論的には可能らしい。

 今回の中国の地震地域はチベット族の多い地域らしいが、中国自身が起こしたか、アメリカがやったかなど、あるブログでのコメントにそういった考えが書かれていたのを見た。

 ぼくはちょっとアメリカを疑っているが、エイズ、サーズ、鳥インフルエンザにしても自然発生的におこったものかどうか疑わしい。

 そんなことを考えるとちょっとミステリーだが、そういった説が飛び交っていることはまちがいない。

 とにかく被害への援助をぼくも訴えたい。宝くじなトトで金を無駄にするなら、募金に!だ。

« ビンディング・クリートの位置の直して | トップページ | Sくんと出会って、全力モードに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビンディング・クリートの位置の直して | トップページ | Sくんと出会って、全力モードに »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30