フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 梅雨真っ只中を楽しむ | トップページ | 3 »

2008年6月23日 (月)

毛虫にやられた!!!

080623  3日前からの発疹がなおらない。上半身の後ろと前に発疹がいっぱいに広がってしまった。

 まあ、とにかく通勤は影響がないので、自転車で向かう。

 野田阪神手前の信号でいつも赤信号になり待機するが、今日も新顔の自転車通勤らしい人々が行き来する。

 走っているときは先ほどの発疹のかゆみはまったく感じない。

 気もちよく職場についたが、着替えて仕事のためにデスクに座ると、だんだんかゆみ を自覚してくる。

 これはことによると、異常な病気が、大人になってあらわれるアトピーかと不安になりつつ、専門医に受診するべきだろうと、思いが募ってくる。、

 それでついに今日の仕事をあわてて午前中すませることにし、昼は休暇をとって、受診することにした。一般的に皮膚科は、患者が多いという概念があって、家から比較的近い尼崎医療生協の皮膚科にいくことにした。受付開始は、夜間は午後3時45分からだ。

 明日は夜間の診察はない。

 よし、と休みをとって、午後1時、昼電話当番をこなし、サイクルウェアに着替えて、家に向かう。昼ごはんも食べていない。しかし家までまず帰ることにした。出発する前にたべたビスケットがせめてものエネルギーだ。

 ところで行きの通勤途中、土佐堀の本町交差点を青信号に替わって発進したとき、右から明らかにもう赤に信号が変わっているはずと自動車が走ってきた。

 おもいっきり「信号無視やろ」とどなり、相手をにらんだ。やはり悪いことをしていることはわかっているのだろう。ひるんで、僕の侵入をまったようだ。

 それにしてもこういった進入のあまりのも多いのに驚く。

 家に帰って、すぐシャワーにする。発疹の箇所がしみる。そのあと即席ノンカップラーメンライスを食べ、、すこし居眠りし、3時半に家を出て、医療生協病院に向かう。

 病院は最近新築したばかりで、ぼくは受診をした経験がもう15年以上まえだと思うので、新しい受付に行っても要領を得ない。「さいきん来られたてませんね」と冷たく言われ、「初診と同じなので、初診申し込み書を書いてください」と言われる。

 手続きを終え、「6番の前にお待ちください」と言われるままに診察室の前で30分ほど待って、いよいよ診察。

 Photo 入るなりお腹と背中の発疹をみせると先生は「これはケムシやね。まちがいないわ」と言われる。ぼくは発生し日が雨の通勤帰りの日で「カッパを着て、帰りはぬれたまま食事の用意などしたのであせもとちがいますか」と行ったが、「毛虫!」と断定された。

 それで軟膏をもらうことになった。まあとにかく大人になってからのアトピーなどでもないということがわかって安心した。

 この病院は院外処方だが、向かいに「イチゴ薬局」という調剤薬局がある。待ち時間は画面表示で番号が表示される。以前大阪府所轄の印鑑証明をとりにいったときと同じやりかただ。

 まあしかし合計所要時間は約1時間で終われた。

 結果がわかったので、かなり安心したが、この3日間はかゆみで夜たびたび目が覚めたり、かなり辛いものだった。

 これもいい経験かもしれない。

« 梅雨真っ只中を楽しむ | トップページ | 3 »

コメント

昨日はどうもありがとうございました
毛虫が原因だったんですね
原因がわかって良かったですね
僕も以前同じようになりました。毛虫じゃなかったですけどね。やっぱり健康が一番大事ですね。早く治して下さいね

ジュニアさんありがとう。今日はちょっとましになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨真っ只中を楽しむ | トップページ | 3 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30