フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 午後から会議の連続 | トップページ | 毛虫にやられた!!! »

2008年6月22日 (日)

梅雨真っ只中を楽しむ

080622  昨日のタイトな日常を終え、今日は1日ノルマのなく、ゆっくり過ごすことにした。

 朝目が覚めると、湿度80%ぐらいに思われる梅雨の朝である。

 冷蔵庫からコーヒー豆を出し、ミルで粉にし、フィルターの入れる。

 心地よいコーヒーの香りの中で、昨日作った<パンを焼き、コーヒーを飲む。

 新日曜日美術館(NHK教育、午前9時)では、オーストラリア、先住民アボリジリであるエミリー・ウングワレーを紹介していた。80歳になってから絵画をはじめて、すばらしい作品を次々残していくという考えられないことだが、アボリジニであり、人生を80年経験してきたということ、天才的絵画の素養があったことが、こんなに高齢になってからみごとな作品を生み出す結果になったのだろう。

 人間20代ぐらいでもう自分は負け犬だと思うのは、あまりにも早合点過ぎると思えてしまう。先日の秋葉原の犯人は、彼の人生を分析しないと一外にはいえないが、もっと広い視野と経験をもてていたら、例えば外国を渡り歩くなどしていたら、決してああいった残酷な行為を起こすはずはないのではないかと思う。

 また釣瓶の「家族に乾杯」で出てくる地方の4世代か3世代が同居する生活が今必要なのではないかと思ってしまう。

 

 番組の後は、となりの駐車場からの訴えで、その駐車場に侵略しているビワの木を植栽する作業に取り掛かる。庭からかぶさっているカリンの木は昨年もとなりの駐車場の車の屋根に実が落ちたこともあり、のこぎりでかなりバッサリ切った。

 今体中あせぼか湿疹かで赤く広がっており、作業の後汗を落とすため、すぐシャワーに。なんとも気もちよくなる。

 それで気分がよくなり、ピアノの前に。すでに平井堅の「瞳をとじて」は、楽譜がなくても弾き語りできる寸前なので、ふたたび練習する。それでなんやかんや弾いていると、1時30分になってしまった。

 その後昼食を取り、テレビでたかじんの「そこまで言って委員会」を見て、うとうとしてしまった。 

 なんだかんだで夕方になり、タイヤがやぶれているのを発見した折りたたみ自転車に交換タイヤをナンバサイクルに買いにいき、ついでにコープにビールを買いに行った。

 かえってきてから、その自転車タイヤ交換と、子どもの部屋のエアコンの調子が悪いということで室外機のチャック。それをすべて30分で終わった。エアコンは専門家に見てもらわないといけないことが判明した。

 一日は出来ることを欲張るとあっという間に過ぎてしまう。今日はあまり欲張らなかったが、それなりにやることは浮かんでくる。

 木から一つだけ落ちたスモモの実を洗って食べたが、そのすっぱさはなんともいえない。もうすぐ巨峰も色が変わってくるのも楽しみだ。

 梅雨は梅雨で楽しいものだ。

 

« 午後から会議の連続 | トップページ | 毛虫にやられた!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午後から会議の連続 | トップページ | 毛虫にやられた!!! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30