フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 朝はふたたび体調悪化、帰りは強烈向かい風 | トップページ | 連続週6日走行を終えて »

2008年6月13日 (金)

ジロ・デ・イタリアに感化されて

080613 昨日の夜11時すぎからたまたまテレビのチャンネルをスカイパーフェクト308 Jスポーツプラスに設定すると、ジロ・デ・イタリアが写っていた。

 第11ステージだったか、140kmのショートコースだが、黄色ジャージの誰だったか、最後の2kmまで単独逃げ走行を打っていた。

 解説の今井さんは、視聴者からのドロップハンドルの下をもったまま、体を地面と平行にして走ることは、苦しいのではないかという質問に、「ただ慣れるだけです」という返答をしていた。

 それでぼくも日ごろはハンドルの上、ブレーキレシーバーを持ちことになれているが、下を持ちながら長時間走るのは慣れていなかった。、

 それで今日は行きから、意識的にハンドルバーの下をもって走った。そしてどうも予感どおりデ・ローサSくんがついてきた。

 最初彼の前をそのスタイルで引いたが、途中で先頭を替わってくれた。何とかついていって、歌島交差点で別れた。

 そのあと淀川大橋手前の信号で、レモン青年が来た。今日は一度に2人にあった。ここからもハンドル下をもち加速する。

 なぜか彼とはぐれて、そのまま進む。土佐堀でまた彼が近づいてきて、次の信号で挨拶して別れた。

 ところで、昨日このブログのためにずっと使っているカシオのデジカメを走行中に長い後ろの影を取るため、ちょっときわどいセルフ撮影を試みて、カメラを落としてしまった。 

 それでどうもレンズ心臓部を壊したらしく、写した映像が異常に薄い。

 帰りの走行では、それで大阪市中心部で、御堂会館向かいのカシオサービスセンターにカメラを持っていった。ここは以前にも前の電子手帳を修理依頼に来たことがあるので覚えていた。

 対応は親切だ。まあしばらくはそのカメラを使えない。

 そのあとは、大阪中心部を通って、本町通りを西に進み、いつもの新なにわ筋に合流した。しかし大阪中心部を走っているとなぜか人に視線を感じ、「よーし。自分自身かっこ良く見られているのかも」といい気になってしまう。大都会にもロードバイクとロードウェアは似合う。

 そのあとも出来るだけハンドル下を持っての訓練に明け暮れる。ペダルは自然回る。速度はいつもより上がる。しかし疲れてくる。

 ちょっと過激な走りになってしまった。

« 朝はふたたび体調悪化、帰りは強烈向かい風 | トップページ | 連続週6日走行を終えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝はふたたび体調悪化、帰りは強烈向かい風 | トップページ | 連続週6日走行を終えて »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30