フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 突然のカミナリで目が覚める | トップページ | 自転車を触らない一日、しかし暑い »

2008年7月19日 (土)

35℃の午後、職場に向かう

080719_2  今日は午後から会議のみの仕事が入っているが、ひざびさに朝はゆっくり起きることができた。

 しかし妻が昨日から夏かぜで倒れているため、朝は朝食の用意、洗濯もの干し、すだれに追加設置など、あっというまに時間は過ぎていく。

 テレビは朝から6チャンネルをつけていたが、10時半からか、森久美子と宮崎美子の二人がニューヨークを旅する番組があった。森さんは、17歳で渡米し、ニューヨークの名門芸術大学に留学の経験があり、その大学を30年ぶりに訪れるという感動ものだが、宮崎美子も有名男性ダンサーにペアの妙技を体験させてもらったりと、さすがにニューヨークは世界の芸術の坩堝なのだろう。

 またハーレムで一番有名な日本人という人が登場もした。昔はアジア人への差別か、歩いていて突然なぐられたり、2回は銃撃された経験もあるという。

 なんとも不思議な大都会だ。9.11の事件もこのビル郡の中でおこったのだ。

 ぼくはどうも今のアメリカに行きたいとは思わない。

 さて、通勤の方であるが、行きは、午後12時20分ごろを家を出発。かなりの暑さを覚悟して、行く前に全身シャワーをし、頭はある程度まだ濡れたまま、その上からヘルメットをかぶって走った。

 これがなかなか効果ありだ。思っていたほど暑さでばてることはない。ただ、太陽が真上に来ているので、日影という場所が皆無だ。

 まあ、それでも空気はさややかで、じめじめさがない。途中野田阪神交差点を過ぎると、阪神高速の高架下を平行に走るので、ずっと日陰でさすがに救われる。

 それで職場に着くまではばてることもなく、暑さをさほど感じなかったが、階段を上がって4階のオフィスについて着替えるころから汗がにじみ出てくる。不思議な現象だ。

 さて会議は5時まえに終わり、岐路だが、さすがにこれでもかというぐらい太陽は地面を温めてくれたので、体感温度は下がっていない。

 帰りの方がちょっとばてた。それでクールダウン用ボトルで腕と頭と太ももにときどきその水を浴びせた。

 これでなんとか家までもたせた。080719_3

 家の路地に1ヶ月前ほどに苗を植えたスイカが一つ実をつけている。これは感動だ!

 ひょっとしてもっと大きくなって真っ赤な実を中につけて育つことを想像するとうれしい。

 昨日は、3男が、セミの孵化する前の状態を見つめてきて、りリビングにその枝ごと花瓶に入れて様子を見た。

 みごとに羽根を乾かして、翌日の朝、妻がそれを見つめ、外に出してあげた。セミは孵化してから寿命は幾日もないと聞くが、そんな姿を見たのは、本当にはじめてだ。 

 娘とは毎日スカイプのパソコン画面で会話している。だいぶ元気になってきた。退職を意思表示をしてから、だいぶ吹っ切れたのだろう。毎日、今日と明日のことだけ考えてやっていくという。それになにより夜寝れるようになったということが安心だ。

 いつ辞めるかどうかは本人しだいだが、とにかく健康な状態だけに気をつけてほしい。

 梅雨もあけ、その暑さに耐えることだけだ。

« 突然のカミナリで目が覚める | トップページ | 自転車を触らない一日、しかし暑い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然のカミナリで目が覚める | トップページ | 自転車を触らない一日、しかし暑い »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30