フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 近畿ブロック会議を終えて | トップページ | 少年団キャンプin 泉源キャンプ場 »

2008年8月 6日 (水)

突然の嵐、帰りは必死

080806  朝は暑い。ことのほか暑い。ゆっくり走っていると、突如シマノFさんが抜いていった。

 しかしマイペースで走るしかできない。みるみるFさんは見えなくなってしまう。

 しかし、左門戸川を過ぎると前が渋滞していて、Fさんが先にいた。

 なんとか追いついて、しばし会話。手や足の焼け方は彼の方が上だ。

レースに出る機会が毎週ぐらいあるようだが、この前の週末は辞退したらしい。

 ぼくも8月はじめに淡路島を走ったことがあるが、かなり辛く、行く先々で頭から水をかぶったのを覚えている。

 途中、阿波座から、先頭ばかり引いてもらっては悪いと思い、「先を引きますわ」といってしまい、40km/hぐらいでペダルをまわす。信号を3つクリアし、長堀まで来たとき左折車線と直進の間を走っていると後ろからダンプがクラクションを鳴らしてくる。

 あぶないかと思い、スピードを緩めたので、また先頭を代わった。そのダンプには先の信号停止でにらんだ。

 職場につくと、やはり少し無理がたたった。汗がだらだら出る。

 さて帰りは、夕方からすでに空模様は灰色から黒へ。帰り支度をしているときには、すでに風が強く、雨もポツポツ。

 しかし自転車で帰るしかない。覚悟を決め、スピードに、気をつけ走る。しかし正直雨の降り始めは、ブレーキが利かない。急な停止は禁物だ。そのうちサングラスが曇りだし、よく見えないので、はずす。ますます叩きつける雨になる。淀川大橋を超えるころも、雷がさわがしい。ちょっと怖い。なにせ周りにさえぎるものがなく、だんだん上っていく。はやくクリアしたい場所だ。

 しかしある意味雨は楽しい。ほこりがない。暑さがない。あるのは雨だけ。23mmのタイヤは案外グリップ力がある。尼崎に入ったころには、ようやく雨が弱くなってきた。ブレーキも利くようになってきた。

 080806_2 そのまま濡れた格好で、コープの店に入る。中は冷房がよく効いていていて、寒い。早く出たい。そそくさと買い物をし、2階でも小麦粉を買い、外に出る。

 帰りに買いこんだ荷物をハンドルにくくり、ゆっくり走っていると、後ろからロードバイカーが軽く抜かしていった。以前にも一度見た人だが、近くに住んでいるだろう。今日は僕と同じように大雨の中を走ってきたのだろうか。

 などなど後ろ姿を見ながら考えた。

 家に帰ると2男が家の中をかたづけ、洗濯物を取り込んでいてくれたので気持ちがいい。

 明日は仕事がえりから、いよいよ岡山県の泉源キャンプ場へ少年団キャンプの手伝いにいく。もう連続何年参加しているだろう。15回は参加しているだろう。

 まあいいか。とりあえず今日は無事帰宅することができただけでいい。

« 近畿ブロック会議を終えて | トップページ | 少年団キャンプin 泉源キャンプ場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近畿ブロック会議を終えて | トップページ | 少年団キャンプin 泉源キャンプ場 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30