フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« ケーブルテレビデジタル化とビアンキリニューアルの一日 | トップページ | リニューアルビアンキ初日は雨だった! »

2008年9月28日 (日)

マイ・ビアンキ、リニューアルな日々

Photo  昨日から取りかかったマイロードバイク、ビアンキのリニューアルの続きに朝からかかる。

 昨日わかったことは、ロード用のブレーキワイヤーのストックがないことだったが、それは買いに行くことにし、店が開く時間までは、できることから取り掛かることにした。

 まずブレーキレバー両サイドともについているゴムカバーの交換。

 これは結構やっかいだ。このビアンキを購入してから2年目ぐらいで交換した経験があるのだが、前のやり方を完全に忘れている。

 つまり、このブレーキレバーには、ブレーキと変速機の操作ワイヤーが繋がってる。どちらかのワイヤーをはずさないとゴムカバーは取り付けられないのはわかっていたが、どうはめるものなのか、しばし途方にくれる。

 しかしハンドルから外した状態で、後ろからはめるしか考えられない。ただ後ろから入れ込むには巾が狭い。なんとか強引に入れようとすると途中まではいけそうだ。

 そこで思いついたのは、そのゴムカバーをお湯につけてやわらかく、そして少し膨張させればということだった。

 これは正解だ。なんとか突端まで入った。しかしこうすると、横のねじを回せないような気がする。これはゴムの中に六角レンジを差し込んでまわすことで解決。しっかりハンドルに固定できた。

 左右ともこの作業を終え、まちがって外していたリアデレイラーのワイヤーを付け直す。

 ただまた調整がやっかいだ。適当にはめたところで、10時45分ぐらいになっていたので、ワイヤーを買いにいくことにした。

 購入先で考えられるのは、三箇所。一つはサンワサイクル。しかしここは日曜日は混んでいて、すぐ対応してもらえない。二つ目はナンバサイクル。しかし在庫があるか分からないし、アウターセットでしか売ってもらえないかもしれないし、他の部品も買いたいので、ちょっと不向き。三つ目はJR大阪駅したのギャレにあるサイクルワールド。

 ちょっと遠いがサイクルワールドまで行くことにした。

 往復1時間かかったが、気分転換になったし、この店はやはり部品販売が充実しているので買いやすかった。自分である程度自転車の修理ができる人にとっては、この店がいい。店ごとのタイプはいろいろ違っているようだ。

 ここでロード用ブレーキワイヤー4本、変速用ワイヤー2本、変速用ワイヤーのアウター2m、それにワイヤー先端止め10個、あわせて2,200円。これに電車賃420円かかったが、安くついている。

 このギャレーはJR大阪駅の真下にあるので、改札口も直でいける出入り口がある。

 購入後、すぐ家にむかう。

 12時20分ごろ家に着き、とりあえず昼食とし、1時過ぎから作業にかかろうとしたが、妻に「今日精米機会に行こうか」と朝言ったことを、そのとき思い出したのか「さあ、いこか」と言うので、コジマヘ先に行くことにした。

 コジマ立花店までは、歩いて10分。手ごろな製品を見つけ、手で持って買える。

 ようやく1時40分。やっと作業にかかる。

 ブレーキワイヤー前後の取り付け。これは単純ですぐできる。前のワイヤーは買ってきた新品に取り替えた。

 そのあと変速ワイヤーの取り付け。前のワイヤーのアウターは新品に取り替えた。

 次は、ハンドルテープの張替え。今までは赤のテープで4ヶ月ぐらい使ったが、タイヤにあわせ、イエローを巻いた。

 最後に一つ残っていたが、前輪タイヤの取替え。これが結構やっかいだ。というのは新品のタイヤは平たく、固い。4日前の祭日に後輪を取替える作業をしたが、予想以上に時間がかかった。

 それでブレーキカバーと同じようにバケツにお湯を張りそこにしばらくつけた。

 これも正解。簡単とはいかないが、後輪の時よりは楽にはまった。

 念のため、リアディレーラーの調整をしたが、これは理屈はわからないが、非常に微妙な調整が必要だ。何回もペダルをまわし、変速状態を見て、デレイラー後ろの調整ねじであわせた。Photo_2

 そのあとまた念のため、外にでて、ぞうりの足だが、自転車に乗って、近辺を回った。まあ問題なく変速している。

 やっと今日の課題の作業は終わった。

 しかし、そのあと洗車作業をすることにした。ついでに妻のマウンテンバイクも続けて洗車した。

 洗車の方法は、洗濯石鹸をバケツに入れたお湯のまぜ、スポンジで自転車細部を洗い磨く。そしてホースで洗い流す。本当は、あと雑巾で拭くのが正当だが、それは手を抜いた。

 これで夕方4時。

 気が抜けてしばらく放心状態。テレビを呆然と見ながら、居眠りしてしまった。

 今日の教訓としては、自転車整備は、とくにロードバイクの場合は定期的にこまめになるべきだということだ。でないと手順がわかっていないし、失敗して膨大な時間がかかる場合もある。それに自宅の庭で作業をするのは、こまかい道具や備品をいちいち家の中に取りに上がらないといけない。

 作業場がほしい。

 まあこれはその庭の一部を道具棚にする方法もあるか。これを書きながら思いついている。

 とにかく自転車という乗りものは、精通すれば、どの部品でも取り替えて自分でリニューアルすることが容易な機械だ。愛着はそこから出てくるのだろう。

« ケーブルテレビデジタル化とビアンキリニューアルの一日 | トップページ | リニューアルビアンキ初日は雨だった! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケーブルテレビデジタル化とビアンキリニューアルの一日 | トップページ | リニューアルビアンキ初日は雨だった! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30