フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 続シンガポール紀行 2日目夕方からナイトサファリで夜はふける。 | トップページ | 続シンガポール紀行 アラブ通見学から帰還まで »

2008年9月19日 (金)

続シンガポール紀行 3日目の一部始終

Photo シンガポール3日目、今日が最後の日になった。

 娘は夜勤の仕事があるが、夜までは、時間が空いている。やっと朝から同行できる。

 昨日まではいけなかった、サントーサの島へ行くことにした。

 シンガポール本島の島だが、サントーサというリゾート地がある。年中泳げる場所だ。

 この島へは、モノレールで行く方法が格安だ。

 駅を降りると、例の大型マーライオンがそびえていた。テレビの観光番組で最近みた。中の入って頭の上まで登れることを知識としてしっていた。

 これも行ってみたいところだった。料金は300円ぐらいだが、中で、シンガポールの歴史を紹介したアニメが上映されていた。

 シンガポールの名前はもともと「シンガポーラ」と呼ばれていて、シンガポールを発見した王が最初に見たのが、その島のライオンで、やがてライオンが海にもぐり、下半身が魚の姿になったという話らしい。

 シンガーとはそのライオンの意味らしい。だからこの国はライオンが国名に由来しているのだ。マーライオンはまさに国のシンボルということだ。

 ラーマライオンを出て、ガウディの作品をもした噴水の道を通り、浜辺へ向かう。

 Photo_2

  あった。砂浜がきれいだ。

  しかしこの砂浜は人口のものだという。

 流れついたのか、古い椰子の実を2男がみつけ、近くにあった石で穴をあける。ぼくも手伝って20分ぐらいそれに集中する。やっと中が開いたが、やはり古くてすっぱい。

 まあしかし満足した。

Photo_4

 もう一度着てみたい衝動に駆られる。

 一日ここで泳いだり、昼寝をしたりしてみたい。

 このあとアラブ街に行くが、それは後日に。

 

« 続シンガポール紀行 2日目夕方からナイトサファリで夜はふける。 | トップページ | 続シンガポール紀行 アラブ通見学から帰還まで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続シンガポール紀行 2日目夕方からナイトサファリで夜はふける。 | トップページ | 続シンガポール紀行 アラブ通見学から帰還まで »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30