フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« サイクルモード大阪2008に電車で行く | トップページ | ウェアにまよう今日このごろ »

2008年11月 3日 (月)

地域子どもまつりで準備に参加

001  今日は所属している流れ星少年団の父母会の手伝いで、「立花子どもまつり」でのうどんの出展に立ち会った。

 朝9時には現地に行き、ブルーシートを家から運ぶのが役割だったが、うどん作りのため、お湯を沸かすのを手伝った。

 コールマンのツーバーナーを会のNさんが持ってきたが、これは以前家族でキャンプしたときに何回も使った白色ガソリン使用に一品だ。

 なつかしい。ちょっと最初の調節が不安定で、バルブを最初にあげすぎると、火が上がる過ぎる。

 久しぶりに極意を思い出した。ちょっとうれしい。

 うどんは200円で売ったが、だしは昆布、しいたけなど本格的で、仕込みは本職の調理師、Tさんが携わっているので、完璧だ。250食以上売れた。

 ぼくは午後から妻が出演する人形劇の伴奏に急遽まわったので、一度家に帰って練習をした。当日聞いた楽譜で歌とギターBGMだからよくやったと思う。

 会場は午後3時には終了で、ちょっと早く家に帰った。

 家に帰ってひたすら読書に2時間半かけた。速読ができれば、あこがれるが、その時間で新書版を半分は読み終えた。ただぼくは自分は本を読むのは他人より遅いと思っている。

 内容は、また読み終わってから紹介しよう。本当はチャイルド44を読んでいたのだが、あまりにも残酷な場面も多いので、今日はうわきをして生命科学者の福岡伸一氏の「できそこないの男たち」を読んでいる。これがなかなかおもしろい。

 002 さて、それを読んだあと、5時過ぎから庭においている鉢の中でコーヒーとバナナの木をリビングに入れた。

 コーヒーの木は昨年より明らかに大きくなっている。それに今年は実をつけた。今まっかになっている。

 ただバナナの方は、大きくなっているのかどうかわからない。いつになったら実ができるだろうか。

夜テレビで長門裕之さんが妻の南田洋子さんの認知症の看護をしている様子をドキュメンタリーを映し出していた。

 長門さんは、家庭を顧みない身勝手な夫だと思っていたが、それは以前はそうだったらしいが、妻に献身的に介護している姿は見直した。それにつねに寝るときも「愛しているよ」と声かけをし妻も「わたしもよ」と答える場面はいじらしい。

 かつてはふたりとも映画俳優のトップスターであった人たちだが、そういった苦労はいっしょだろう。

 まあいい映像を見せてもらった。

 明日は楽しみがある。それはアメリカ大統領選挙投票日。歴史的な日だと思う。きっと今歴史は変わると信じたい。

« サイクルモード大阪2008に電車で行く | トップページ | ウェアにまよう今日このごろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サイクルモード大阪2008に電車で行く | トップページ | ウェアにまよう今日このごろ »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30