フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 自転車修理と午後は会議の日々 | トップページ | いまや運転手は信用できない。自分の身は自分でまもるべし! »

2008年11月17日 (月)

月曜日の休暇、まよわず温泉へ

001 002 きょうは展示会の出勤の代休だが、実際は、土日の出勤があったので、助かる。

 ところで昨日妻のマウンテンバイクのパンクをなおしたばかりなのに、今日は朝気になってみてみると、「まさか!!!」と思ったが、完全にタイヤがぺちゃんこになっている。

 妻は7時半には出勤するので、もう一台のマウンテン前とタイヤごと交換して対処した。

 それで朝食をすましたあと、燃えるゴミの処理、洗濯物干しをして、すぐタイヤパンク原因追跡と、修理にかかる。

 今日の原因は、チューブ処理の不備と別の原因だ。つまりタイヤの外側から金属の破片がささっている。

 それは妻が帰ってきたあと聞いてわかったが、昨日タイヤ修理したあと自転車を使ったらしい。そのあとに破片を踏んだというのが真実らしい。

 連続でおこることは本当にあるものだ。マイビアンキも2日連続で破片を踏んだケースを経験している。

 こんなことってなぜおこるのか本当に不思議だが、実際にあるんだ。

 したがって昨日と同じ処理をして完了した。

 

 そのあと、慎重には慎重をきすため、タイヤ交換したマウンテンにこのタイヤをつけて、走ることを考えた。というのは月曜日の朝というのはスーパー銭湯が極端にすいている。すれで行かない手はない思っていたが、2日前に行ったのでちょっと躊躇してたのだが、一石二鳥ということで出かけることにした。

 ついでにサンワサイクルへ行き、英式26×1.5に適応するチューブを買っておくことにした。ついでにその後はコープで夕食の材料も買うことを計画に入れた。

 007

 家を出たのは11時まえ。ああそれから、温泉に行く前にこの間から郵便局の通帳が磁気の故障だと思うが、記帳ができなくなっていて、郵便局へもいった。

 それで温泉についたのは、11時20分か。

 予想どおり風呂の中は全員でも6人ぐらいしかいなかった。

 ゆっくり露天風呂につかり、スチームサウナ、水風呂、洗い場、また入浴とひろしきり浸って温泉を出る。008

  いい気分になって、そのあとの予定をこなし、家に帰ると1時を過ぎていた。

 昼食は昨日家族と食べられなかった焼肉の残りを一人で食べる。

 そのあとやりたいことはいっぱいあったのだが、あっという間に4時を過ぎ、ちょっと居眠りと、ある商品の英語使用説明書を翻訳。つまり英語の勉強だが、そのうちリビングの外は真っ暗になってきた。

 日が落ちるのが本当に早くなった。

 そのあとはバタバタと夕食の準備、風呂、夕食、洗濯物たたみ、膨大なアイロンかけと時間が過ぎていく。

 夜のテレビ「鶴瓦の家族に乾杯」は北海道新ひだか町。ウエンツ瑛士がゲストでシリーズ2回目だ。突然に訪問でも家族のあたたかい雰囲気が伝わってくる。その中では日本は健全だ。

 ところが、昨日夜仕事ででかけていたので知らなかったが、またひき逃げ事件で、今度は5kmも引きずったまま、被害者を死なした犯人が今日つかまった。

 まったくどうなっているんだ。寒々しい気分が体をよぎった。ひょっとすると自分もそういう目にあわないとも限らないと思うと恐ろしい。

 ただ自分のことは別にしても、まったく腹が煮えくり返ってしかたがない。つい最近大阪梅田でおこったばかりではないか。被害者は16歳の新聞配達人。この前は歩行者が渡れない道路を歩いていたという落ち度もあったが、今回はただ道路を仕事で走っていただけだ。

 ただいままでにも被害者を長距離引きずっていくという残虐行為は少ないだろうが、バイクが車で追突されて、死亡させ、逃げるというケースは万とあるのではないかと思う。

 まさに交通戦争は終わっていないといいたい。道路は異常な環境だ。その上社会は病んでいる。どういった人間が車を運転しているかわからない。

 人間が人間を尊重しあう世の中にならない限り事件は起きていく。自動車会社も事故撲滅のための手立てをもっと積極的にするべきだ。間接的には加害者だといいたい。

« 自転車修理と午後は会議の日々 | トップページ | いまや運転手は信用できない。自分の身は自分でまもるべし! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車修理と午後は会議の日々 | トップページ | いまや運転手は信用できない。自分の身は自分でまもるべし! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30