フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 比較的気持ちのいい自転車通勤 | トップページ | メッセンジャーI・M・AのA君にひさびさの遭遇 »

2008年12月16日 (火)

朝マウンテンバイクにいきなり抜かれる

001  昨日と同じ着こなしで出発したが、ちょっと暑い。

 稲川橋温度計は6℃だった。昨日と1℃高いだけでこんなに違うのか、感心する。

 タイツが分厚いせいか、スピードは、28km/hぐらいしか出ない。

 そんなとき、バイクが抜いていくのかと思ったら、見たことがないマウンテンバイクが必死で抜いていった。

「むむ、やり手か?」と後ろからマイペースで走った。

 しかし、知らない自転車通勤者が次々デビューしているように思う。またいなくなった人も多い。

 そのうちそのマウンテンバイクを捕らえ、逆抜きしてしまった。ぼくはとくにスピードを増したわけではない。彼がスピードダウンしてきたのだ。

 歌島交差点で、停止となり、また後ろから彼が信号の前で位置取りした。

 矢印青信号に変わり、ぼくは、次の200mぐらい先の信号を青でクリアするため、35km/hぐらいにスピードをあげる。そのまま彼をまた抜いてしまった。そのまま追いかけてこなかった。

 あのタイヤの太いマウンテンバイクにスピードで負けているようでは、ちょっとプライドが許さないが、無理はせず抜いていった。

 今日は後輪を家を出る前、空気を入れていたのでよかった。

 

 仕事は、それなりの緊張感もあり、作業もあり、充実しているわけだが、夕方日が暮れるのが早い。

 

 005

  走り始めるなにわ筋は、イチョウの葉がまだ辛うじて残っていて、それにライトがあたって道路ぞいはなかなかきれいだ。

 きょうもそのなにわ筋で、無灯火逆走自転車に3台ほど遭遇した。

 注意するのもいやになってきた。

 まあ、いつかは、きっちり左側通行を守る時代が来るだろうと、それだけを信じ、また走る。

 JR立花のバイパスは、ダンシングのまま上まで登る。

 そのまま信号を右折し、コープへ。昨日もらった500円券を使った。

 家では食事の準備を終え、風呂から上がると、2人の子どももそろい、妻もそろい4人で夕食。それは幸せな瞬間なのだろう。

 健康であることも幸せなことだろう。仕事を続けていられていることも、これだけ解雇がクローズアップされているときだけに幸せなのだろう。

 何ごとも前向きに生きることが今重要なことではないだろうかと思う。

 自転車通勤はそれを後押ししてくれているように思う。

 明日も元気に通勤しよう。

« 比較的気持ちのいい自転車通勤 | トップページ | メッセンジャーI・M・AのA君にひさびさの遭遇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 比較的気持ちのいい自転車通勤 | トップページ | メッセンジャーI・M・AのA君にひさびさの遭遇 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30