フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 通勤ロードバイカーが増えてきたのか | トップページ | いそがしい一日はあっという間に過ぎていく »

2009年1月20日 (火)

ローン借り換え 契約に妻と2人でM銀行へ

002_2  12月から住宅ローンの借り換えの見積もりをM銀行担当者からもらい、実行することにしたが、とにかく手続きが大変だ。

 登記簿謄本や何やらを申請したり、古い書類を探したり、現在のK銀行の返済予定表と、通帳記帳など、結構手間な書類が続いた。

 今日は、年をあけて何とかM銀行での借り換えが承認されて、その正式契約書の調印と、妻同伴での面談がある。

 最後の最後まで、妻の印鑑証明を取るためのカードが紛失している中で、午前中仕事の妻が西宮から途中、尼崎市役所塚口サービスセンターに寄り道し、その証明を取って、なんばの地下鉄出口で待ち合わせした。

 自分は、午後休暇をとったわけだが、食事をすませ、いつもの喫茶キャビンで妻との待ち合わせ、2時まで時間調整をした。

 今読んでいる湯浅 誠氏の「反貧困」の続きを読む。

 実は貧困の日本での実情について正確に分析された調査資料は実はなく、政府などは、外国から世界に貧困を調査していて、日本人700人から取った結果をもとに「日本には貧困はない」と言った前々回の安部首相の発言など何をやいわんだ。

 逆に生活保護世帯と貧困者の所得を比較して、今や生活保護受給者の方が高いといって、その最低基準を引き下げるのだから、憲法25条は、実際の社会では国自信がないがしろにしている。

 そんなことがみごとに書かれていて気持ちがいい。

 今日のその待ち時間の読書は有意義だった。

 時間が近づいて、待ち合わせの地下鉄四ツ橋線なんば駅改札口へ行く。1時55分妻がやってきた。

 すばやくファストフード店で食事を取り、M銀行へ行く。

 担当のYさんはとても懇切丁寧で細かく説明してくれたので、その他の手続きもやって、終わったのは、4時20分になっていた。

 予定を終えて、銀行を後にし、3男の勤めるナンバパークスへ寄ることも考えていたが、すぐ帰ることにした。

 地下鉄御堂筋線で梅田に出て、夕食のおかずを買うため、阪急百貨店地下の食料品売り場へ遠回りだが寄った。

 こんなところへはめったに来る機会がないが、スーパーとは違って独特の雰囲気がある。まるで9月に行ったシンガポールのスーパーに入ったような錯覚を感じた。

 その前に姪が働いている1階の化粧品店にやったが、会えなかった。それにしても1階は、従業員に数が客より多いように感じるくらい沢山働いているのに驚いた。ここには派遣社員に人はいるのだろうか。

 しかし地下食料品売り場は、不況はどこへ行ったのだと思うぐらいにぎやかな客の入りだ。我が家は魚家を探し、特値のブリのアラ【山盛り200円】とはまち1匹750円を買った。

 都会に働いているのに、こんなところへ来ることはめったにない。大体自転車通勤だから、国道を往復しているのと、買い物はコープこうべがほとんど。

 ちょっとカルチャーショックだった。まあ本命はローンの借り換えだが、知っていたはずと街中を妻と歩いてみると別の世界を体験した。

« 通勤ロードバイカーが増えてきたのか | トップページ | いそがしい一日はあっという間に過ぎていく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤ロードバイカーが増えてきたのか | トップページ | いそがしい一日はあっという間に過ぎていく »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30