フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 北海道キロロに来ています | トップページ | 旅行を終えて、読書三昧の一日 満足 »

2009年1月11日 (日)

スキー満喫3日間。北海道の雪はいい!!!

010   雪は真っ盛り。今シーズンはまったく初滑りだが、初日の体調不良も除所の吹っ飛んだ。

 しかし2日目の10日は、猛吹雪が予報されていたので、滑るのは無理かとあきらめていた。

 雪がかぎりなく降っているが、風はたいしたことがなく、滑るには支障はない。ただ去年山頂までゴンドラで上がった時、異常な寒さで震えたというか、耳は痛いし、指先も痛いという過去最大の寒さを体験しただけに恐怖心がトラウマになっていた。

 しかし山頂では、みんなで記念写真を取る余裕。赤いウェアは自分だ。

 それほど全員スキルの大差はないので、固まって最終地点まで滑っていった。

 ひとしきり滑って11時半には昼食を取る。まだホテルマウンテンの食堂は空いている。ポテトカレーとハーフハーフビールを注文する。

 午後はまた滑るが、3時には滑り終わる。

 ところで夕食まで時間がたっぷりあり、温泉にも浸かった。露天風呂に入っている瞬間、すぐそばの雪のかたまりと降り続く雪が、なんとも言えない幸せを感じる。

 そのあとまた昨日に引き続き、携帯電話でのブログ更新を試みたが、ほとんど居眠りしながらの作業で2時間以上打っていた。

 ところが、最後の文章を入力しているとき、間違って「切る」を2回押してしまい、あっという間のデータが消えた。もう後のまつりだ。

 夕食はホテルの外の建物の炭火焼きの店に行ったが、薄着でそこまで行ったので、悪寒がはしり、震えた。

 生ビールと日本酒の飲み放題で、意識朦朧。そのあとよく覚えていないが、11時には床のついた。

 015

 日が変わって3日目、いよいよ帰る日だが、もう1回ゲレンデに出た。ホテルピアノからマウンテンまでシャトルバスで移動する。

 Kくんと2人で新雪の中を雪に埋もれながら滑る。雪のパウダー感に最初はなれない。

 しかし誰もいないゲレンデを気兼ねなく滑れて気持ちがいい。

 2本を余市第2リフトで滑ったが、11時にホテルチェックアウトなので、またピアノにバスで帰る。

 今スキー、ボード人口が減っているというが、やはり雪のスポーツはなんとも言えない。しかし年はとっても、スキーもどんよくにさらにスキルアップをめざしたくなった。

 ホテルピアノに帰って宅配で家にスキー板とウェアを送り返す手配をし、また、キロロ温泉「森林に湯」に入る。再度雪の中の露天風呂がいい。

 帰りは12時20分初の新千歳行きバスに乗る。

 バスの中で、持ってきた「フジコヘミング」のピアノCDを聞きながら、雪景色を眺める。小樽の町と海辺が雪景色の中で見えてくる。ピッタリの音楽だ。

 時間どおりなんとか2時間で空港に到着。夕方5時半初の飛行機なので、待ち時間がたっぷりある。

 空港ではみんな「花畑生キャラメル」を買うことにフィーバーしてしまって、売り場に走る。ぼくはまったく興味がない。小樽時地ビールの試飲で購入に傾き、3本セットとおまけに余市ウイスキー小瓶を買ってしまった。

 行き帰りの飛行機は今回全日空だったが、乗った飛行機の機種は新しく性能がいいようで、上空ではほとんどゆれない。2時間の飛行時間だから、あっという間に到着する。

 ところで今回はじめて経験したが、搭乗に使う券はなんとただ番号とバーコードリーダーがついた紙だ。なんともたよりないが、このバーコードがあきらかに申し込みの証拠になる。搭乗口で読み取り口に当てるとあっという間に座席番号の紙が出てくる。

 ちょっとびっっくりした。

 まあITの導入システムでどんどん変化はおこっている。

 しかしスキーとサイクリングはいつまでもアナログでいてほしい。

« 北海道キロロに来ています | トップページ | 旅行を終えて、読書三昧の一日 満足 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道キロロに来ています | トップページ | 旅行を終えて、読書三昧の一日 満足 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30