フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 4℃の中を走る そろそろカイロが必要か | トップページ | 北海道キロロに来ています »

2009年1月 8日 (木)

通勤途上のスポーツは楽しい

002  今年3日目の通勤自転車となる。

 昨日ほど寒さは感じないが、道路温度は昨日と同じ4℃を表示している。

 2号線を走っていると前を知らないロードマンが結構早い速度で走っていくが、後ろからさっと抜いていく人がいる。

 挨拶はなかったが、シマノのFさんだ。ひさしぶりの出会いである。追いつくことは不可能かと思ったが、信号の具合でもう一度会った。

 トレックのロードに乗っているので、最近大阪市内本町にトレックの店ができたことを話題にしたが、やはり知っていた。行ったことはないという。

 そのあと信号が代わってからは追いつくことができない。しかし自分は自分のペースで走る。歌島交差点は間に合いそうにない左門戸橋信号でのタイミングだったが、ふしぎと間に合った。

 おかげで職場タイムカード前には8時49分に到着した。

 昨日体調がかなり好転したはじだが、今日は仕事で根をつめすぎたか、お腹の調子がまた悪くなってきたし、肩のこりも復活してきた。また風邪の兆候だ。完全にはなおっていないらしい。

 今日の帰りは、肥後橋にあるN歯科に半年検診に行くことになっているが、5時半が予約なので、ちょっとやばい。5時のチャイムが鳴るとすぐ更衣室に向かった。それでもウェアに着替えるのに5分以上はかかる。

 まあなんとか四ツ橋を直進し、立正校正会の建物を目印に右折し、その医院にむかう。

 最近疋田 智さんの最新の本を読んでから、たとえ自転車とはいえ車両という自覚がより高くなったため、一方通行路も正しく守るようにしている。がこれはなかなか至難の業だ。

 ちょっと違反して目的のビルに着いた。

 歯の検診はもう2年ぐらい続けているが、行くたびにその必要性を感じる。正しいブラッシングもその都度教えてもらっている。

 さてそこから今度は家に向かうため、再び四ツ橋線に入ったが、逆走の自転車の連続。遭遇するたびに大声で注意する。何を考えているか理解に苦しむ。

 自転車はなんでも許されると思っているのか。

 まあ、しかし走っている最中、通勤の移動を利用してスポーツさせてもらっているなと、ありがたさを感じたりする。今日はとくにそう思った。車との共存で走っているわけだが、運動感覚が研ぎ澄まさせるし、このロードバイクという自転車では高速の乗り物でスピードを感じることができる。しかし自分の足で動かしているという自負がある。

 明日からは職員旅行の第3のグループで北海道キロロのスキーを楽しみに行く。しばらく自転車はお預けだ。

« 4℃の中を走る そろそろカイロが必要か | トップページ | 北海道キロロに来ています »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4℃の中を走る そろそろカイロが必要か | トップページ | 北海道キロロに来ています »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30