フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 今日は快便、快調な走り | トップページ | ひさしぶりの電車通勤 »

2009年1月29日 (木)

マイカー・日産プレーリー最大の危機か?

今日は4月の気候なみの気温になるらしいというので、朝も油断していたが、道路温度は7℃。確かにちょっと暑さも感じる。

 ヘルメットの若者を2人見たが、一人はスーツ姿で自転車ヘルメットを被っていた。最近テレビのコマーシャルでそれに似た格好で走っている姿の場面があるが、そういった影響だろうか。

 ぼくにはできない。第一汗で気持ち悪いだろうと思う。

 もう一人は、横に幅の広いクロスバイクに乗り、それなりのサイクリングウェアを着ている。しばらくついていこうと後ろを走った。

 しかしその2人とも信号を無視するので、ぼくはどうしても後に残る。ただまた追いついて、淀川大橋では、歩道が自転車だらけでスピードが落ちたらしく、抜いてしまった。

 野田阪神からは、どうも追い風。結構スピードをあげて走っていた。

 あとはマイペース。ただ信号のタイミングではどうしてもスピードを出さざるを得ないときがある。

 職場に着いたのは8時49分。まあまあか。

 

 仕事を終えて今度は帰りだが、途中昨日書いたように2号線ぞいの勝本モーターに立ち寄る。昨日電話では、修理の費用が約30万円ぐらいと聞いていたが、今日も正しい見積書を見せてもらって、「うううう・・・」と考え込み。

 聞いていた費用そのままだ。それにさらに1割程度増える可能性もあるという。 

 異常個所はオートマの心臓部。予想では中のベアリングがずれているのではとも言われる。ただ修理工場に運び、分解してみないとわからない。

 自分の体を手術するので、その説明をうけているような気分だ。

 どうするかの決断はきわめて賭けに近いかもしれない。というのは30万円出して、なお数年、いや10年無事に乗れるかもしれないし、時をまたずに重要な故障箇所が出るかもしれない。

 勝本さんからは、ちょうど別の自動車の販売で、下取りになったプジョーが一台あり、7年落ちだが、50万円から60万円で購入できるという。すぐそばに置いてあったので、見せてもらったが、気持ちが動く。第一ヨーロッパブランドだ。ちょっと自慢できそうなことを想像してみたりする。

 しかし、大きさを考えると、今のプレーリーの方が圧倒的に容量が多い。しかも8人定員だ。プジョーは純粋に5人乗り。

 それに何といっても、16年以上乗り続けてきた思い入れと、思い出が歴然とある。

「そしたらプジョーに」という気にはなれない。

 一か八かもう一度修理するかだ。

 こころは3分の2は決まった。ただそこでは即決しなかった。家に帰って妻や子どもの了解を取ろうと思った。

 妻が帰る前、2男、3男と食事をしながら話あったが、プジョーへの気持ちは若干あるものの、プレーリーの修理には賛成してくれた。

 次に9時すぎ帰ってきた妻に。風呂から上がってくるのを待って、短刀直入に説明し、ぼくの思いを伝える。案外了解しているよう。

 「よし決まりだ」。明日の朝は、一番に修理の依頼をすることにした。

 おそらく普通の考えでは、プレーリーは廃車という決定をするだろう。

 まあ、変わり者だ。ある意味ばかだ。と自覚しつつ、ここまで来たら、まだ乗れるところまでさらに使い切ろうという気持ちだ。

 それにしてもこの30万円は惜しい。先日住宅ローンの借り換えで、トータル100万円得くしたと思ったばかりだったが、また後退だ。ただこの借り換えで1ヶ月がエアポケットになり、一月分11万円の支払いがない。

 しかし惜しい。30万円あればいいロードバイクが買える。ああ、惜しい。 

 後悔しきりが、心は決まった。

 プレーリーとはアメリカ大陸の草原という意味らしい。そのおおらかなイメージはいいではないか。無事修理が終わることを待とう。

« 今日は快便、快調な走り | トップページ | ひさしぶりの電車通勤 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は快便、快調な走り | トップページ | ひさしぶりの電車通勤 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30