フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 寒くてもいい。自転車で走れるなら | トップページ | コーヒービーン・テピィカを悼む »

2009年1月15日 (木)

寝不足の自転車通勤 ただ耐えるのみ

002  昨日夜の会議あり、家についたのが午後9時20分ごろになってしまい、それから食事と風呂とブログ等々で結局寝たのは12時半を過ぎていた。

 ただ熟睡に近く、朝は6時過ぎで目がさめる。ひたすら6時半まで睡眠を楽しむ。

 しかし今日はなぜか平井 堅のアラーム音楽が流れない。後でわかったが、職場に携帯電話を忘れていたのだ。

 どうもお腹の調子が悪い。すぐにトイレに駆け込む。

 そんなこんなで、朝の走行はどうも調子が出ない。それに寒い。どこらへんから体がぬくもり、手の指の痛さが無くなるか、感じながら走っていた。

 歌島交差点から、次の淀川大橋、次の海老江交差点でようやく平静にもどった。

 阿波座を過ぎ次の交差点でとまっていると、GIOSのロードバイカーで昨日はじめて言葉を交わした青年から「おはようございます」と挨拶をもらった。

 003 また話を交わすと自転車通勤は3年ぐらい前からということだが、ロードの代えたのがつい最近らしい。思った以上にロードバイク利用者が増えてきた。

 長堀で別れた。

 またひさしぶりにクサルぶらさげ青年を見た。最近姿を見せなかったが元気に走っているようだ。まあどんどん自転車通勤者が増えるのはいい。

 

 今日の帰りは、夕方から会合と食事の会があり、たらふく寿司を食べたので、空腹感はない。

 しかし昨日より寒い。おまけに向かい風の場面が多い。帰りは暗いせいで、どこまで行っても温まらない。

 早く帰るつもりのしていて、夕食をひきうけようと思っていたが、予定が狂ったので、妻に電話。2男にも電話。どちらも遅いらしく、やむなく帰りは8時ごろになるが、遅い時間から夕食を作ろうと考えながら家をめざした。

 家に帰って、すぐ風呂の水を洗濯機に入れようセットし、ご飯を炊く。

 そのうち妻が帰ってきた。

 食事つくりを交替し、その他の作業とそれを終えて、やっと風呂に走る。43℃設定の湯は暑いが、入っていると気持ちがいい。

 風呂に入っているときが一番好きだ。

« 寒くてもいい。自転車で走れるなら | トップページ | コーヒービーン・テピィカを悼む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒くてもいい。自転車で走れるなら | トップページ | コーヒービーン・テピィカを悼む »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30