フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 三つの団体の共済会新年会でひれ酒3杯飲む | トップページ | 西宮ガーデンズヘ物見遊山。 »

2009年1月24日 (土)

吹雪、悪天候を体感、滋賀県箱館山スキー場へ

005   ひさびさの土曜何もない日だ! 週半ばから「よし箱館山へ行くしかないでしょう」と思い立ち、昨日の晩から道具を準備、朝は8時出発をめざし、6時半に携帯アラームをあわせた。

 それにしても誰かといしょに行くわけでもなく、気楽なものだ。

 しかしなにやらかやで8時半出発になってしまった。

 なにかの胸騒ぎで、タイヤチェーンのはめ方を何回も使っているが、今年は初めてなので、そのマニュアルを読みなおす。はじめて買ったとき、かなりてこずった思い出がある。ある程度理解し、しかし箱館山の駐車場までは、いままでチェーンをつけたことがなく行けたので、、まず大丈夫だろうと安易に考えていた。

001  名神高速道路、尼崎入り口から出発するが、よく晴れた良い天気だ。ただ自動車はひさしぶりに乗っているが、どうも80km以上でアクセルを踏んでいるとき、ギアチェンジで揺れるような感じになる。ちょっと不安なまま走る。

 以前一度だけ大変な目にあった、京都東出口から琵琶湖までのバイパス付近は、今日は雪はまったくなかった。

 小さい最近スリップ転落死亡事故のあった湖西道路序盤の橋も凍結の恐れはない。

 ただ、高島市にはいる前、道路標示が「高島市以北はチェーン必要」と書いてある。

「むむ? いやな予感」という感じだ。

 チェーンをはめるとなると少なくとも15分はかかる。箱館山には10時すぎから滑れるのを目標にしていたので、ちょっと心配。

 高島市を北へ進むに連れて、周りと走路の路肩に雪が見えてくる。すでに道路の端に停車してチェーンをつけている車を3台ほど見た。

 まあ今津のコンビニまでこのまま走ろうと決める。

 今津市街への分かれ道の交差点横コンビニ駐車場で停車し、チェーンをはめる。ちょうど横で若い夫婦のだんなの方が同じようなチェーンをはめる作業をしていたが、どうもやり方がわからないようで、説明書にくびったけだったので、声を掛け、さわりながら説明した。僕のチェーンと少し違うが、やり方は似ているので、なんとか成功。もう片方は、自分で003_2やってもらった。

 そんなこんなで、自分のチェーンが後回しになったが、裏と表をまちがえ戸惑った。ただ反対側は5分もかからず、しかもタイヤを動かさなくても止め部分をすべて嵌められることを初めて発見した。

 それにしてもこの種のプラスチック製の最近のものは、発案は、簡単でできるように考えているのだろうが、最初チェーンを裏返して一箇所とめ、大きくタイヤ周りをまわすようになっている。理解するまで、時間がかかるかもしれない。

 それでコンビニを出たのが11時になってしまった。しかしチェーンをはめたのは正解で、その後は、雪の悪路が続いた。なんといっても箱館山への最後の登り坂はまだ除雪が間に合っていなくて、雪だらけ。何台も立ち往生していた。

  006

 スキー場駐車場では、台数が多い。あと聞いた話では、同じ琵琶湖のすきー場、「びわ湖バレー」が悪天候で、営業停止していたらしいので、その分がこちらに流れてきているようだ。

 もう時間は12時手前。シニア券を買う権利があるので、それで申し込んだが、午後券を買うと午後1時からしか、リフトを利用できないというので、一日券を買った。それでもアプローチのゴンドラ費用を入れて、3,800円だ。

 007_3 今回の最大の目的は、だいぶ前にゴミ捨て場で拾ったスウェーデン製だと思うが、そのスキー板に3年前にヒマラヤという店で買ったビンヂングを自分ではめたスキーで滑ってみることだ。一応もう一台のカービングスキーも持っていったが、ゲレンデにはその試しスキーだけもって上がった。

 以外や以外このスキーだとカービングのようにターンがやり難いかと先入観があったが、よく曲がるし、第一軽い。昔のスキーのほうが軽いのか。ターンのとき片足を浮かす場合も操作しやすい。第一担ぐときも楽だった。

 天候が、すべりごとに悪くなってきた。それで40分ほどで、すべるのを切り上げた。ちょっと3,800円はもったいない。

 まあしかし今回ここまでやってくる気になったことは、自分的には満足である。 

 

 008 009

 ゴンドラを降りて、いつも行く会員になっているログハウスで着替えして、食事しようと思って、スキーのユニホームのまま、靴だけ履き替えて、目的地(スキー場から5分)に向かった。

 

 そころが、その目的地は「まほろばの里」と言って、ログハウスの集合した意地域だが、そこへのアプローチの農道が雪だらけ。何台か通ったタイヤ跡があるので、いけるかと思い、入ってきたが、ちょっとの坂でスリップ状態。前に進まない。

 今回は一人で来ているので、助けを求まられないし、こんな農道で立ち往生になるとかなり迷惑と時間がかかる。バックして周辺で駐車できるところはないかと探したが、それもなく、しばらく止まっていると、猛吹雪が襲ってきた。

 スボンを履き替えて、ログハウスはあきらめる。そのまま161号線の高架道路を南下した。視界は5mぐらいか。前が見えない状態だ。

 ただ不思議なことに行きしな駐車したコンビニを過ぎ、しばらく走ると、もう吹雪がなくなり、空が晴れ渡っている。

 とにかく食事とトイレ休憩もしたいので、安曇川あたりの道の駅に行く。ここでほっとした。ここまで来ると何もなかったような、あの嵐は不思議な世界だった。

 食事を車の中でし、チェーンをはずして帰路を走る。

 おかげで、家には3時45分ごろに着いてしまった。

 あったかい紅茶とケーキで疲れを取り、風呂を用意して、髪を染めた。

« 三つの団体の共済会新年会でひれ酒3杯飲む | トップページ | 西宮ガーデンズヘ物見遊山。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三つの団体の共済会新年会でひれ酒3杯飲む | トップページ | 西宮ガーデンズヘ物見遊山。 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30