フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 白銀のゲレンデ 五竜スキー場とペンション樹里家の3日間 | トップページ | 急激な寒さの中、帰りの通勤自転車 »

2009年3月 2日 (月)

朝出発時、突然パンク発見!!!!

001  スキー旅行から一夜明けて、仕事の日となった。

 銀世界のイメージがまだ頭に残っている。夜はなぜか浅い眠りしかできなかった。

 家を出る段になって、自転車のタイヤを確認してみると、なんと後輪の空気が抜けている。

 ちょっと動揺したが、そこにあったランドナーで行くしかない。

 ただ重量は12kgぐらい。タイヤ幅は28mmぐらいある。それで当然ペダリングは、ロードバイクの感覚で走ると重い。

 前半は誰にも会わない。なんとかいつもの信号のタイミングにあわしていこうとすると、かえって負担が掛かってくる。野田阪神交差点だったか、最近出会った新人ローダーが声をかけてきた。そのうしろを振り返るとグレッグレモン車のA君だ。

 そこから一機に土佐堀へ。

 かなり負荷をかけて走った。やはりロードが恋しい。それでも職場には8時54分に到着。まずまずだ。

 仕事はなぜか夕方からの作業立会いで6時半となってしまった。

 しかしそのおかげで、偶然メッセンジャーA田クンと淀川大橋で遭遇。「今日は遅いですね」と言われた。

 帰りは向かい風も多く、ひたすらマイペースで走ったが、無謀にも、一般自転車で、それも歩道を追い抜いてこようとするやからがいた。歩道を25km/h 以上で走ること自体危険すぎる。日本人はどうして、おばさんも含め、ぼくのようなスポーツバイクに不可能なはずなのに、追い抜こうとしてくるのか、気が知れない。

 よっぽどかなり以前から学校教育の中で競争の意識をたたきこまれてきたのではないだろうか。

 家には8時前について、3男が夕食の支度をしてくれていて助かったが、風呂に入り、食事のテーブルに座ってしまうと「休息したい~~~」という感じで、腰を落ち着けてしまった。妻はつい隣のパソコンでWORDへの画像を貼り付け方を容赦なく聞いてくるので、ゆっくり食事することも中断状態だ。

 それで、あと洗濯物を畳み、ロードバイクのタイヤとチューブの好感に掛かったが、これが異常に時間がかかった。というのは、新品のタイヤはやたら硬く、リムに収まらない。

 それで11時を過ぎてしまった。

 

« 白銀のゲレンデ 五竜スキー場とペンション樹里家の3日間 | トップページ | 急激な寒さの中、帰りの通勤自転車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白銀のゲレンデ 五竜スキー場とペンション樹里家の3日間 | トップページ | 急激な寒さの中、帰りの通勤自転車 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30