フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 一泊二日京都夫婦旅行出かけました | トップページ | おっと!アーモンドの花が開いている »

2009年3月17日 (火)

暖かくなってきた!道路温度12℃!

005  今週は今日から出勤。自転車は先週木曜日以来だ。

 先週はたった2日しか走っていない。

 今日の気温はまったくわからず、ウェアも直感で決めるが、先週とおなじようにウェアはアンダー、長袖レーサー、シャケットの3枚、下はアンダーのタイツにレーサータイツの装備で行った。

 しかしこれでは暑い。なにせ稲川橋手前温度計は、12℃を指している。

先週では、昼の暖かい方の温度だ。

 まあしかし、暖かくなるにこしたことはない。何かわくわくしてくるのは自分だけか。

 やたら自転車通勤デビューという感じの新しいロードバイとウェアの男性を見た。なぜかぼくの前に交差点で陣取り、こちらを意識しているのか、必死に加速していっているように見える。

 

 帰りも知らないロードバイカーやクロスバイクの若者が目立つ。ただヘルメットを被っていないのが気になる。

 昼食時もよくシングルバイクに乗るヒップホップ系といけばいいか、現在の若者を良く見かける。どうも新しいファションとしてそのバイクに乗っているようだ。

 できればそれで長距離を走り、自転車の魅力を知ってほしい。今はちょっとタイプが違うらしい。 

 冬のゲレンデでいえば、僕たちはスキーヤーとすると、彼らはボーダーかさらに進んで、新しいファッションのクロスカントリーか。

 ちょっと自転車もいままでの正当ロードレーサースタイル、輪行車キャンパーなどのやぼったいものとは違う異次元の種族かもしれない。

 001

ところで、自分の肩の痛みの原因に関係あるかと買った「慢性疲労は首で直せる!」を昨日読み終えた。

 気になることがあった。この著者、松井孝嘉さんの基本的考えは、首にはボーリングの玉を一つ乗せているぐらいの負担がかかっていて、悪い姿勢を長時間続けていると頸性神経筋症候群と名づけた病態がおこるというlことだ。

 首は脳と体をつなぐ需要な神経と動脈などの通路になっている。それを支える筋肉に疲労がおこると頸椎と神経を圧迫する。

 ここまではよくわかる。

 そして今注目されているうつ症状などもその9割がその部分の問題であるという。 

 ぼくが疑問に思うのは、健康を保つ姿勢について述べた部分というか予防の姿勢について書いた部分で、ロードバイクの乗車姿勢を具体的にだめな姿勢の例として語られていることだ。

 しかし、それを意識しながら今日乗っていたが、上半身は前かがみでも、ハンドルはブレーキ部分を持っている限り、首はまっすぐ前に伸ばしているというより、前をしっかり見るため、上に首を上げている。つまり上体からは後ろ向きの首の形だ。

 またママチャリのような乗り方が望ましいとまで述べているが、自転車に対する認識不足ではないかと、松井先生は30年以上研究してきた専門家だが、あえて言えば異論をとなえない。

 ただ、パソコンに向かう姿勢はたしかにノート型の場合、ちょっと下向きに頭を保って作業するので、問題はあると納得できる。最近うつ症状の人が急激に増えていることも関連がうなづける。

 自分自身も3年ぐらいずっと毎日ブログ更新のため、パソコンに一日1時間ぐらい向かっている。これが、肩の痛みの原因かもしれない。ただロードバイク通勤は決して悪影響とは思っていない。腕をサスペンシンションの役割にしていることは毎日自覚しているので、肩と腕の筋肉を使っていると思う。

 その部分の研究も進めてほしい。

 ただ本全体にはハっとさせられる内容だった。

« 一泊二日京都夫婦旅行出かけました | トップページ | おっと!アーモンドの花が開いている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一泊二日京都夫婦旅行出かけました | トップページ | おっと!アーモンドの花が開いている »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30