フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ついに14℃の朝! 長袖、ロングタイツは暑い »

2009年4月 6日 (月)

さくら、さくらいま咲き誇る いつか生まれかわるときを信じ♪

001  月曜日だ。しかし昨日までにマンションの役員の引継ぎ業務は終わったし、仕事も決算処理の佳境にはいってきて、今週は気分的には楽になってきた。

 そして、季節は確実に春に入りつつある。

 あいにく2日前に夜桜見物は不発に終わったが、通勤中もいたるところの公園や神社で桜が満開に近づきつつあるようだ。

 もう寒くなることはないだろう。

 「春眠あかつきを覚えず」で仕事中もやたら眠たい。とくに印刷機の前で1,000枚以上去り終わるのを待っている間はとくに睡魔が襲ってくる。

 ところで1月から続いていた肩と右腕の痛みとしびれはついに終焉をむかえてきた。しかし長かった。人間げんきんなもので自覚症状がないと「ああ、ありがたい」という感覚ではなく、それが当たり前になっている。思い出したように「おお、治ってきたぞ」と時々思い出して、はじめて喜びを感じる。

 仕事の終了は、決算の処理を節目であり、午後7時半になってしまったが、気分は軽い。それに帰りは追い風。どんどんペダルが回る。

 夜桜の宴はできないのだが、このタイミングは一瞬だと思い、家に近づいた公園でシャッターを押す。003

 桜をめでるこの日本の習慣はどこから生まれてきたのだろう。

 ただ言えるころは、四季の色合いがはっきりしている日本は、とくに長い冬を終え、暖かさをありがたく感じる時期に桜色の花びらがあざやかにいたるところで開いていく光景は、やはり気分が高揚するわけだろう。 

 それにしても一瞬というか1週間が限界だろう。

桜が散り終わると、今度は緑の若葉が覆う、新緑だ。自転車にとっては、ウェアも半袖、太ももまでのレーサーパンツに衣替えし、絶好のサイクリング季節だ。この時期にスポーツ自転車がよく売れるらしい。

 はりきって自転車通勤にいそしもう。

 

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ついに14℃の朝! 長袖、ロングタイツは暑い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ついに14℃の朝! 長袖、ロングタイツは暑い »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30