フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 晴れた日は、イエロージャージに着替えて | トップページ | 今日は週末、OM9条の会学習会参加 »

2009年4月23日 (木)

交通ルール、コンプライアンスはいまだ乱れている

001  家のぶどうのつるがどんどん葉を大きくし、先にぶどうの実の子どもが出てきている。

 朝の通勤はちょっと寒かった。

 ただ走っていくに連れて、一番快適な感覚になってきた。

 交差点通過も、比較的スムーズだったが、唯一歌島交差点では、大型ダンプが多いこともあって、信号で引っかかってしまった。

 職場のタイムカードは8時48分。やはり歌島交差点で3分またされたことが影響している。

 まあしかし、今日の朝は疲れもなく、スムーズに走れた。

 ただ不愉快だったのは、今日も信号無視の自転車の多さに辟易したことだ。きわめつけは、職場に近づく西区を走っているとき、前の信号が赤になったので、ぼくはしっかりとまったが、後ろから何台もその赤に自転車が進入していく。そこに正しく右から進入してきた男性自転車とその塊が接触しそうになっていた。

 不思議なのは、どちらも会話がないことだ。当てられかけた男性も、信号無視の女性たちも無言だ。

 ちょっと怖い。不思議な世界を見た気がした。実害がなければ知らんふりかい!と思ってしまう。

 大阪人の特徴はおせっかいというか、やたらコミュニケーションが多いことではなかったのか。若者の世界ではもっとクールらしい。

 ああ、いやだ!いやだ!

 002

 仕事は、午前中に集中したが、慌しく流れた。

004_2

 午後からは、今自分の団体で取り組んでいる開業医のレセプト(診療報酬)請求オンライン義務化に異議を唱えて、国を相手にその差し止めをもとめた裁判の開始で、そのセレモニーというか、団体申し入れに参加した。

 ここ大阪地裁は、結構権力のにおいがぷんぷんするところだ。敷地内での撮影、示威行動などに規制を加えている。

 それにしても病気の内容をすべての病院、開業医が電子データとして、それも光ケーブルなどを使って、一元管理するのだが、これは患者、国民にとっても問題が多いことが予想できる。

 つまりITの便利さを逆利用して、そのデータを許されるところには公然と提供できるとしたら、たとえば保険会社にそれができたら、保険に入ることも自分の病名告知の前に保険会社が加入しようとする個人の病歴を知っているということが考えられる。

 ある人が程度は別にしてガンを発症していたら、生命保険加入を拒否される場合も考えられる。

 もちろん就職の場合もあてはまる。

 個人情報保護の話がとんでしまう。

 だからオンライン以外請求の方法を認めないこと自体大きな問題だ。いまだ手書きで書類を提出している医院では、そのために一から専用コンピューターを購入するとするとおよそ250万円の負担が必要と言われている。

005  この訴訟を立ち上げた意味は大きい。医師の団体だけの問題ではない。

 記者会見もおこなわれ、記者からの関心は、個人情報の一元管理への心配に集まったようだ。

 とにかく大阪では、他県も加わって245人もの原告団ができたのだから、すごいことになってきた。

 すでに神奈川県では、1,000以上の原告団を組織して、そでに先に提訴している。

 職場から出かけて、裁判所につき、報告集会の間まで、2時間立ちっぱなしだったので、さすがに疲れた。

 しかし大きな第一歩に自分も現場を見れて、晴れ晴れとして中ノ島を後にした。

 

« 晴れた日は、イエロージャージに着替えて | トップページ | 今日は週末、OM9条の会学習会参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れた日は、イエロージャージに着替えて | トップページ | 今日は週末、OM9条の会学習会参加 »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30