フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« シンガポールの娘から誕生日プレゼントが | トップページ | 急にバレリーナツリーの花が開く »

2009年4月 9日 (木)

不死鳥 マイカープレーリー復活する!

001  朝の通勤で左門橋で、またA田くんがやってきた。

 彼は週末に伊吹山ヒルクライムレースにエントリーすると先週聞いていたので、「どうだった」と聞いてみた。

 レースの目的は、一緒に参加した仲間にタイムを上回ることだったらしいのだが、タイムで負けたらしく、歯切れが悪い。

 ただレース自体は、2,000人以上の参加があるため、随時スタートするそうで、体感的に競り合うということができなかったらしい。

 まあ、しかし意欲的だなあと思う。

 信号が青に変わって、ちょっといつもよりスピードアップして前を引いた。そしてまた野田阪神交差点で別れた。

 職場に近づく西区、堀江付近では、自転車通勤者が多い。といっても一般車の人たちだが、朝のさわやかさがあった。

 さてさて今日はうれしいことがある。

 2月初めから自動車整備会社、勝本モーターに預けていたマイカー「プレーリー」がついによみがえって帰ってくるのだ。

 前にも書いたが、オートマの本体に致命的故障があり、本来ならメーカーにも部品がなく、一時は90%廃車ということになるはずだったが、ニッサンの専属ミッション製造会社で、不況のためか、時期がたまたまよかったのか、部品を加工してもらったのだ。

002 003 まさに不死鳥プレーリーと呼ぼう。

 年式は1985年。購入したのは尼崎、朝日オートセンターで1990年だと思うので、18年を過ぎたことになる。

 何度も廃車寸前の危機をくぐってきた。

 今回は本当にだめだろうとあきらめかけていた。費用も30万円はかかっている。それでもこの車は手放せない。

 何せ、子ども4人が、中学、小学生のころ、6人で乗って、6台自転車を乗せて、琵琶湖一周をなしとげた。キャンプは何度行ったか数えいれない。

 今この車に替わる同じ再度の車はない。ミニバンの先駆者だが、なにせ8人乗車定員だ。今や歴史の車になりつつある。

 ちょっといいすぎだが、今年の最大のニュースだろう。

 勝本、モーターさま。ありがとうございます。これかれもよろしくお願いします。

« シンガポールの娘から誕生日プレゼントが | トップページ | 急にバレリーナツリーの花が開く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポールの娘から誕生日プレゼントが | トップページ | 急にバレリーナツリーの花が開く »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30