フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 登山の後の休息日、それなりに骨休め | トップページ | 梅雨後半、今日はランドナー! »

2009年6月29日 (月)

「自転車で健康になる」本を読んで、通勤再認識!

001  今日は月曜日。仕切り直しで自転通勤をする日だ。

 2号線に入る信号の前に見えるのは、勝本モーター。僕の行き着けの整備会社だ。はっきり信頼できる。

 そんなことを考えながら、信号が青になって、大阪の方向へ左折する。

 今日は早い時間に、レモン車のAくんが後ろから挨拶してきた。

 聞くと、去年落車して、そのレモン車は修理中という。

 彼は律儀に僕の後を着いてきてくれる。信号の停止ごとに会話をする。

 002

 通勤だけで知り合った中だが、気さくに話ができる自転車通勤仲間は貴重だ。

 彼とは土佐堀の交差点で別れて、あとは独走だ。

 不思議だが、一昨日の六甲登山がいいように体に作用しているように思う。疲れているようで、そうでもない。精神的にはポディテブになっている。

 ただ、なぜかお尻の筋肉が痛い。

 

 やはり自然に山を歩いていたようだが、ペースが普通より早かったのかもしれない。ただそのときは全然足の筋肉が疲れがなかったのだ。

 職場に着いて、ちょっとハードルが高い電話での返答あり、課題もあったが、何とかこなした。また展示会でのエコ企画がなんとか実現しそうなので、ちょっと浮き足立った。

 夕方は予想はしていたが、雨模様だ。

 昨日の本を読んで、雨でもむしろレインウェアでなく、ぬれてもレーサーウェアで行くほうがいいという中村博司さんの意見に影響されて、今日の帰りは、レーサーウェアで帰ることにした。003_2

 さすがに雨はきつくなってきた。

 気をつけるのは、路肩の白線の上をいかにさけるかだ。

 ある意味、白線の右側の走るのは技術がいる。右により過ぎると、車にニアミスする。

 スピードは落とさざるを得ない。ラッキーだが、風は追い風。足の力はかなり落として走れる。

 よく雨の自転車走行は危ないと職場の仲間も言うが、
タイヤが太い方が安全とは言えない。問題は、いかに危険に大して、自分の全神経を研ぎ済ませられるかだ。これは自転車でなく、歩行者の状態でも同じだと思う。

 道路は歩道であっても漫然と移動していては危険だ。

 そういったミチベーションを持つほうが安全だと思うのだ、。

 まあ、今日は当然無事に家に着いた。

 さっそく泥をホースの噴射で洗う。

 まあ、それでも最近は、家に向かう帰りの自転車通勤は楽しいと自分に言い聞かせている。だから本当に帰るときの自転車走行は、気分は開放的だ。ただ、危険への注意はおこたらない。

 まあ、そんなこんなで今日も走っている。

« 登山の後の休息日、それなりに骨休め | トップページ | 梅雨後半、今日はランドナー! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登山の後の休息日、それなりに骨休め | トップページ | 梅雨後半、今日はランドナー! »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30