フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 今度こそ金曜日が週末!うきうき走行 | トップページ | 登山の後の休息日、それなりに骨休め »

2009年6月27日 (土)

六甲、有馬ハイキング実行!

                                                      いよい001_2 よ 今日は正真正銘の休みで、何時になるかわからない、地域少年団のハイキングの下見を実行した。

 朝6時半に起き、9時出発できるように準備する。六甲にハイキングで入るのは本当に久しぶりだ。

 準備を終えて、9時過ぎ家を出る。阪急武庫之荘近くコンビニでおにぎり、カップヌードルを買う。

 阪急芦屋川に降り、そこからバスで東おたふく山登山口、まで行く。その間、このコースをもし自転車で走っていたら、と想像しながら、外を眺めていた。行けるかもしれないとも思う。

 そのうち東おたふく山登山口に到着。乗客は3人だった。

 なんとなく以前歩いた覚えはあるが、新鮮な気持ちで歩く。山のふもとを歩くルートもあるが、今日は東おたふ山山頂まで歩くルートをえらんだ。しかしこれが結構きつい。

 ただ歩いている人がいない。

 結構辛かったし、なかなか頂見えなかったが、なんとか山頂に到着した。ただ、山頂というには中途半端な表示だ。

 しばし休憩して、また先を急ぐ。かなり迂回して歩く。なんとなく歴史的な建造物、本庄橋を通りすぎ、いよいよ坂がきついと思われる「七曲がり」を歩く。

 記憶では最後だきつかったように思っていたが、途中の方が坂がきつい。004

  最後はあっけなく最高峰途中の一軒茶屋に到着。しかし山頂まで続いて歩く。

 005_2 山頂付近は手入れがされていなくて、雑草が生い茂っていた。

 ここで昼食にする。

 006 日陰はないが、湯を沸かして塩カップヌードルを食べる、暑いので食べられないかと思ったが、結構お腹に入る。コーヒーを飲む。

 それにしても今日は自分のペースで歩いたが、20人以上追い越した。

 自転通勤の蓄積が意外と体についているように感じた。だいたい心臓の鼓動はそれほどダメージになっていないし、かなりの登山者を追い抜いた。

 それで時間的には、バスを降りたのは10時過ぎで、最高峰にはなんと11時15分ほどに着いてしまった。

 登山はひさしびりだったが、自転車通勤の蓄積が隔日に生きているように感じた。

 自分的には、普通のペースだが、普通の登山者のペースよりは早いのだろう。有馬への下り、魚屋道では、走るように進む若者に抜かれたが、こちらもだんだんペースが上がってきて、その青年も下り最終近くで抜いてしまった。

 009 それで有馬「金の湯」のは、12時50分ごろ到着。案外今日は空いていた。

 風呂は何年も前に来たことがあるが、入ってみて思い出した。

 それにしても今日の進行時間は想定外だ。

 有馬は、町おこしのことをテレビで見てきたが、大分若者好きの店が増えてきたように思う。

 浴槽の茶色の鉄分はうれしい。

011_4

 風呂から上がって、すぐ横のバーでハーフ&ハーフのビールを頼む。

 おいしい。最高に気分だ。

 「ごちそうさま」といってコップを返し、神戸電鉄「有馬駅」に向かう。 

 途中地元の店の店員らしい人が、7月17日からの無料になることについて「一日3000人ぐらいくるのに、ものすごいことになるで」とかなんとか話しているのが聞こえた。

 まあ、新型イフルエンザの影響で客あしが減ったことは事実だ。

 今日は自分の体力の確認と、神戸への貢献ができたこと、うまいビールが飲めたことはうれしい。

 自転車通勤の効力はあなどれない。

« 今度こそ金曜日が週末!うきうき走行 | トップページ | 登山の後の休息日、それなりに骨休め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度こそ金曜日が週末!うきうき走行 | トップページ | 登山の後の休息日、それなりに骨休め »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30