フォト
無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 雨の休日、ひたすら家の中で | トップページ | 自転車整備の基本は »

2009年6月11日 (木)

交通ルールと安全運転の極意について

001  風呂の窓の外のプランターに植えた朝顔3本の苗が大きくなって早くも花が咲いてきた。

 さて、自転車通勤のノウハウ第3弾で「交通ルールと安全運転」についての考え方と実行していることを話したい。

 交通ルールについては、表向き守るべきということではなく、自分の身を守るため、また道路上での模範を示すため、基本的ルールはかたくなの守ってほしいし、ぼくは守っている。

 今日も帰りの通勤時、仕事中の大阪市内の自転車での移動時出会って注意したが、道路を右側通行逆走で走ってくる自転車がいた。

 これは絶対危険だ。自分が車両だという自覚がないし、実際危険だ。これは絶対やめてほしい。

 信号のある交差点での動きかた。これはまさしく赤信号ではとまること。これは現在最悪の環境だ。こちらが進入してくるのが分かっていて、赤信号を右から左へ横切る自転車がある。思い切りどなる。

 自分は100%信号を守る。とくに朝通学路を青で横断しているのに、その間を赤で割ってはいる大人の自転車がいる。世も末だ。子どもがそれを見てどう思うだろう。

 道路走行時、青信号で交差点に入るとき自動車の左折と接触しない方法は、絶対に進入する車の横に接近しないことだ。急にウインカーも出さず左折しようとする車が何パーセントかはある。進入する車の後ろに付くほうがいい。

 自分が交差点を左折するときは、手指示を出す。これはちょっと技術がいる。反対の手でハンドルをしっかり持っていられないといけない。また路肩付近に車が駐車して、そこを横切るときは、後ろをしっかり見る体制が必要だ。これもちょっと技術がいるが、経験でうまくできる。それですぐ近くに車が来ていないことを確認して、すぐ右手で手指示して駐車している車をやり過ごす。

 002 ところであらゆる体勢を想定して、倒れないようにするためには、車がこない道でのことだが、両手を離した走行を練習するといい。お尻と股でサドルを固定してバランスを保つのと、ペダルワークで調整する。

 これができると両手でハンドルを握った状態で、あらゆる状況にも感覚的に対応できる。これは自分としては結構重要だと思っている。究極の細さの路肩を進むときもフラフラすることもない。

 それから静止した状態で自転車に乗り続ける練習も役に立つ。

 どちらにしても安全に気をつけつつ、走行を楽しみことが長続きの秘訣だろう。 

« 雨の休日、ひたすら家の中で | トップページ | 自転車整備の基本は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の休日、ひたすら家の中で | トップページ | 自転車整備の基本は »

最近のトラックバック

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30